2013.06.25

「オノマトペ」でガッチリ!気になる彼の心を掴む方法・5選


最近じわじわと話題になっているワード、オノマトペ。みなさんはチラッと耳にしたことはありますか?ぼんやりとは分かるけど、はっきりとは言い表せない?
オノマトペとは、ものの音や声などをまねた擬声語(ざあざあ、じょきじょきなど)、あるいは状態などをまねた擬態語(てきぱき、きらきらなど)を指します。
今使ったじわじわ、チラッと、ぼんやり等もオノマトペなんです。よく使いますよね?

今回は、男性が思わずきゅんとしてしまう女性の特徴を、インタビューを元にオノマトペで表現してみました。ぜひ参考にして、気になる彼の心をガッチリ掴んでしまってください!

1. 話すときは、ハッキリよりまったり

話を続けようと頑張る気持ちは大切ですが、質問返しをすればいいというものでも無いようです。白黒ハッキリつけずとも、相手の言葉をしっかり受け止めてあげることが大事。ビジネスではないですから、てきぱきしすぎず、癒しの雰囲気を出し男性をまったりとした気持ちにさせてあげましょう。

2. 笑うときは、ケラケラよりクスクス

「話が盛り上がるのはいいんだけど、大口を開けて爆笑している姿はなんとなく下品ですね。」(33/金融)

 

女性の見せる笑顔は、男性の胸キュンポイントなことに間違いありません。しかし彼とのデート、気分が弾んでケラケラと大きな声で笑ってはいませんか?声を立てて笑う姿は、加減しだいで逆効果になることも。

そんな時に気をつけるといいのが手の使い方。口を隠してクスクスを笑うことで、可愛らしい雰囲気に激変します。脱、下品な笑い方。

3. 食べるときは、バクバクよりはむはむ

「脇目もふらず、会話もそこそこに一心不乱に食べている姿は可愛いを通り越して怖いです。食事が終わったら速攻帰りたくなりますね。」(27/サービス)

 

美味しそうに食べる姿って、男女共に無防備な感じがしていいですよね。でも、がっついてる姿はちょっと萎えさせてしまうかも。可愛く食べるコツは小動物が食事をするときのように少しの量をよく噛んで味わって食べてみましょう。自然としっかり味わうことができるので、「美味しいね(笑顔)」なんて言う余裕もできるはずです。

4. 酔ったときは、ベッタリよりボンヤリ

「やたらと大胆になる子は、ほかの男にもこうして媚びているんだろうなと想像できるので彼女にしたいとはあまり思わない。逆にボーっとしているのを見ていると、ほかの男に取られないかと心配になって、守ってあげたくなる。」(25/銀行)

 

軽くボディタッチをしてみればイチコロ・・・と思いきや逆効果の可能性も。軽い女だと思われずに彼をムラムラさせる方法は、ずばりボンヤリとして無防備な表情を見せることのようです。

さいごに

うまく言い表せない絶妙な雰囲気も伝えるオノマトペですが、日本語は他国に比べて特に多いんだとか。今回紹介したオノマトペを意識して、気になる彼をドキドキ、きゅんきゅんさせちゃいましょう!

(吉沢みう/ハウコレ) 

<おすすめの記事>


関連記事