2013.07.10

性欲減退?男性が「今日はエッチしたくない」と思う日・5選


エッチがさほど好きではないという女性に朗報です。男性にもエッチしたくない日はちゃんと存在しています。
そんな日に彼氏と会えば、必要最小限の省エネエッチライフが実現するかもしれません。
今回は20~30歳の男性に、どんな日にエッチしたくないのか、インタビューしてきました。さっそくご紹介しましょう。

1:金策が大変なとき

「月末ちかくなって、会社の預金口座にまったくお金がないという日は、全然エッチしたいと思わないです」(30歳・会社経営)
これは梅●アンナさんがTVでも言っていました。羽●研二さんとさぞや楽しいエッチをしていたのかと思いきや、「彼は金策が大変だったので、世間の人が思うほどエッチはしていなかった」と。お金の不安はムラムラをも超えるんですね。

2:好きなゲームをしたい(マンガを読みたい)とき

「ぼくは好きなゲームをしている日やマンガを読んでいる日は、絶対にエッチしたくないです。彼女がぼくの隣でぼくのアソコやココを触ってきても、絶対にエッチしません」(25歳・営業)
これは男女とも、エッチより燃える対象があれば、そっちのほうを優先するということで、性差にかかわらず納得のご意見かもしれませんね。

3:ブラック企業でこき使われているとき

世の中には“疲れマラ”という言葉があり、疲れているときほどエッチしたくなるという意味だそうです。しかし「営業ノルマが達成できないときは自社の商品を自腹で買わされたり、残業が月に100時間もあったりします。すると、もう家に帰ってから彼女とエッチしようなんて気持ちが湧いてこなくなります」(27歳・販売)

今ウワサのブラック企業にお勤めの方々は、エッチご無沙汰なんでしょうか。

4:じぶんのSNSが炎上して火消しに大変なとき

「不用意に書き込んだ2chのコメントが原因で炎上してしまったとか、ぼくのSNSが炎上してしまったという日は、もうエッチなんてそっちのけで火消し役にまわります。
エッチしたいんですけどね、気が散っちゃうからしません。」(24歳・大学生)

よく炎上からの火消しということを聞きますが、あれ、炎上しているまま放置しておいても、そのうち燃えるものがなくなって火は消えるのではないのでしょうか?

5:昼間バイクで人をはねそうになった日

「昼間、バイクで人をはねそうになった日の夜は、彼女が裸でウロウロしていてもちっともエッチしたいと思わないです。なんか命って大事にしないといけないなあとか、もしものときに備えてキチンと生きないといけないなあという感じで、思考回路がマジメなほうに作用しちゃうんですよね」(27歳・IT)

運転中にハッとしたことがある女性は、この彼の意見に納得するかもしれませんね。

さいごに

いかがでしたか? 好きなゲームやマンガ以外は、生命の危機を感じたときと総括できるかと思います。生命の危機を感じまくっていると、エッチのようなお遊びはしたくないということかもしれませんね。
のんびりした田舎で、のんびりと暮らすほうがエッチは楽しいのでしょうか?

(ひとみしょう/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事