2013.07.21

東大生エロ専門家直伝!オトコを悩殺する真夏のモテ術


ホットパンツにミニスカート、キャミソール……。夏の暑さに身をゆだね、とにかく露出を増やせば男は喜ぶ。あなたがこんなふうに考えているとしたら、「ロジックがぬるい!」と申し上げねばなりません。

今回は、現役東大生でありスポニチで着エロ(ヌードにならないエロ)のコラムを連載する“東大生エロ専門家”の僕が、女性のみなさんに「男のボルテージが急上昇する夏の服装・仕草」についてご紹介します。

1.あえてロングワンピースを着ろ!

この技は偏差値50。簡単にできる技です。
「夏だからといって、太ももや二の腕を露出すれば男はムラムラするんでしょう?」これは大きな勘違い。

「だからといって、夏にロングワンピ…?」と思われるかもしれませんが、これにはワケがあります。ロングワンピは身体に密着して、ボディライン、特に腰周りのシルエットを強調する効果があるんです。
歩きながら左右に揺れるヒップ…。これは男性にとって、何にもまして、セクシーなんです。

2.汗拭きシートで地肌を拭け!

これは偏差値60。少しレベルが上がります。
夏には汗拭きシートを常に携帯しましょう。そして、外に出たあと、ひと作業終えたあとなどに身体を拭くんです。

このとき忘れないようにしたいのが、オトコの想像をそそるような箇所を拭くこと。
少し恥ずかしいかもですが大胆に、ブラの中やお腹、スカートを履いているなら太ももなど、普段は服に隠れて見えない部分を拭きます。「ああ、気持ちいい…」と言えたら120点!
あとは勝手に男が想像をふくらませてくれますよ。

3.ミニスカートでしゃがめ!

偏差値70。エロ優等生レベルに到達!
これは読んで字の如く、です。もう手っ取り早くオトコを誘惑して落としたいなら、この必殺の一撃を使うのもひとつの手。
立っているときでさえ太ももがチラリズムしているようなミニスカートで、男性の前で突然スマホを落としましょう。勢いよくしゃがみこんで、「壊れてないかな…」としゃがんだままの姿勢でスマホをチェック。このとき間違いなく彼は、あなたのスカートの奥に釘付け、ハートを打ち抜かれているはず。

4.うたた寝でビッショリになれ!

偏差値80。難関国公立大学レベルですよ、頑張れ!
夏の昼下がりには、暑さから来る疲れでドッと眠気が襲いますね。こんなときは我慢せず、教室や職場で机に突っ伏して寝ちゃいましょう。
「でも夏にうたた寝なんてしたら、寝汗でビッショリになっちゃう!」
そうです、それでいいんです。寝汗で湿った髪が顔や首周りに張り付く姿。これが男に想像させるのは……。
これ以上は言うまでもありませんね。

5.日焼け止めの塗り合いをしろ!

偏差値90。東京エロ大学首席のレベル!
夏には誰でも日焼けするものです。これを利用して、ボディタッチを増やしちゃいましょう。
「ココ、届かないから塗って…」と気になる彼に日焼け止めを渡します。ドキドキしながらも彼はお願いを聞いてくれます。もちろん、ローションを塗る想像をしながら…。
男の大好き妄想ワード「ああ、くすぐったい」を忘れずに。

おわりに

さていかがでしたか?
夏は、オトコもオンナも心がオープンになるいわば“攻めの季節”。勝負の夏。是非あなたも、エロ偏差値をぐんぐん伸ばして第一志望の彼をゲットしてくださいね!

(川上ぽこひろ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事