2013.07.29

こう言えば嫌われない!デートで使える遅刻の言い訳・5選


大事なデートに遅刻しちゃった……。しかし、「印象ダウンは避けられない!?」なんて、落ち込む必要はありません。言葉の使い方ひとつで、相手に与えるイメージを変えることができます。今回は、イメージダウンにならない遅刻の言い訳をご紹介します。

1.女の子の日だから

やりすぎは厳禁ですが、女の子の日、いわゆる生理日を遅刻理由として用いる作戦もあります。「彼女から『今日はあの日なんだ。2日目だから頭とお腹が痛くて、すこし横になってたら遅れちゃった。ごめんなさい……』と言われると、当然許しますね。生理が来るって健康な証拠ですし」(29歳/営業)との声も。ただし、あっけらかんとして言うのではなく、はじらいながら伝えることが、かわいく見せるコツです。

2.メイクに時間がかかった

男子は「あなたのためにかわいく(キレイに)してたの」といった言い訳に弱い生き物。

「待つのが嫌いな人は、どんな遅刻の言い訳にもイラッとしちゃいますよね。僕もそのクチで。でも元カノが『かわいいって言ってほしくて、メイクを頑張ったら時間がかかっちゃった。ごめんね』と、うるうるした瞳で謝ってきたときには、その瞬間に許そうと思いました」(27歳/メーカー)という例が物語るように、丁寧なメイクをアピールするのは有効です。

3.洋服選びに時間がかかった

2に近いですが、かわいく(キレイに)見せるためのコーディネート選びも、使える言い訳のひとつ。「『遅刻してごめんね。楽しみなデートだったから、服選びに気合いが入っちゃって』と言われたことがありますが、むしろ好感度アップしました(笑)。そんなに俺とのデートを楽しみにしてくれてたのか、と感動しちゃって」(26歳/エンジニア)と男子からのウケも悪くありません。デートっぽい装いで登場すれば、素直に言い訳を信じてくれるでしょう。

4.お土産選びに迷った

前回のデートで奢ってもらったときや、毎回楽しいデートを企画してくれる彼に、ちょっとした贈り物をすると、サプライズ感もあって喜ばれます。それを利用した言い訳もおすすめ。「何度かデートしていた相手から『いつものお礼をしたくて、スイーツを買って来たの。選ぶのについ迷っちゃって、待たせてごめんね』と言われて、イラッとした気持ちは消えましたね」(30歳/コンサル)と、男子の心もしっかり掴めます。それらしきスイーツを途中で手に入れて、待ち合わせ場所に向かいましょう。

5.道に迷った

いつもと同じ待ち合わせ場所で、この言い訳を使うのはNGですが、それ以外のときに有効です。一般的に女子は男子と比べて地図を読むのが苦手。男子もこの原則は理解しているので、「それなら仕方ないなぁと許します」(28歳/広告)、「女の子は地理が得意じゃないですからね」(31歳/編集)など、おおらかな意見が多数。日頃から「地図が読めない」アピールをしておくと、より説得力を増す言い訳になりそうです。

おわりに

同じ言い訳でも、“材料”次第で「かわいいな」と思われるものと、マイナスイメージを与えるものとに分けられます。嫌われない、愛される言い訳を意識してみましょう!

(池田園子/ハウコレ)

関連記事