2013.08.03

肉食女子が思わずしてしまう4つの間違い


セックスに積極的な女子が、どんどん増えてきたこの頃。
しかし、本当に男性は、セックスに積極的な女性を受け入れる度量があるのでしょうか?

私の周りの男友達は壇蜜さんのようなそこはかとなくセクシーな雰囲気を醸し出すような不思議肉食女子には興味はあるようですが、RIRICOさんのようにドストレートな肉食女子には、まだまだついて行けないようです。

今回は肉食女子が男性にしてしまう、典型的な間違いと、繊細なオトコゴコロを、紹介していきたいと思います。

1.積極的に誘ってしまう

これはセックスにオープンな女性がやりがちです。私もそういうタイプなので気持ちはよくわかるのですが、男性は積極的に誘われてしまうと、その女性に魅力を感じていたとしても、「こんな性に開放的な女性を俺が満足させられるのか?」と不安になり、逃げ出したくなるようです。

男性のタイプにもよると思いますが、完全に自信がある男性なんて、ほんの一部にすぎないので、あまりにもオープンに誘うのは、男性をビビらせてしまったり、緊張して、メイクラブが失敗する怖れを感じさせてしまい、場合によってはあなたを避けてしまうコトになるようです。自然な流れを作った方がよさそうです。

2.メイクラブの時に恥じらいがない

本命の彼女とのセックスに求めるものは何ですか?というアンケートでの質問で、第4位が「恥じらって欲しい」という答えでした。

恥じらいがなく、自分からどんどん服を脱いでいく彼女に冷めたという、男性の声もちらほら耳にします。恥じらう姿に燃えるという男性は、少なくありません。普段は肉食女子に見える女性が、セックスの時だけ恥じらうというギャップは意外に良いかもしれませんよ。

セックスでオープンになるコトは良いコトですが、男性が引かない程度に、恥じらいも大切にしましょう。

3.デートの時にしきってしまう

男性は好きな女性に尽くして、喜んでもらい、褒めてもらう事に喜びを感じます。ですので、男性の見せ場でもあるデートの場で、プランを女性がたてたり、仕切ってしまうと、褒めてもらうという、最大の喜びを失ってしまうのです。

また、一部の男性をのぞき、男性は女性をリードしたい欲望があります。そんな時に、女性がデートをしきってしまうと、男性として面子がたたなくなり、かつ褒められるという、ご褒美もを失って、面白くないわけです。その男性がデートの仕切が下手でも、男性に仕切ってもらう方が、男性も男としての自信やプライドを保つことができて気持ち良いようです。

4.男性を励ましてしまう

どんな男性にも、ヒーロー願望というのがあり、大好きな女性のヒーローになり、大好きな女性をサポートして、賞賛されたいのです。男性は自分の不安を、基本的には口には出しません。それは女性を守る立場でありたい、弱さを知られたくない、という気持ちがあるからです。そんな時に、男性のちょっとの失敗を見つけて、慰めてしまうと最悪です。

男性は女性に褒められたい、感謝されたい、賞賛されたいと思っていますが、励まされたいとは思っていません。それはむしろ男性のプライドを傷つける行為です。

筆者は、昔これをやってしまって、付き合っている男性と、その後、音信不通となってしまた事があります。読者のみなさんも気をつけましょうね。

おわりに

セックス&ザ・シティが日本に上陸して、セックス&ザ・シティ的な生き方が格好いい
と、影響された女性も多いでしょうが、あれはあくまでも作り話し。

多くの男性は、能動的なゆえに繊細で失敗を怖れています。
女子があまりにも積極的すぎると、「彼女みたいな積極的な女性を満足させられないのでは?」と思っているのです。
メイクラブは二人で行うコミュニケーション。
相手の気持ちや反応を理解して、自然の流れでメイクラブできたらいいですよね。

(荻原かおる/ハウコレ)

関連記事