2013.08.17

年下男子をオトす最短ルート・4ステップ


年上女性と付き合いたいという願望を持つ男性は多いものの、どうやって年上の女性にアタックしていいものかわからず、一歩引いた状態になっているのも現実です。つまり、女性の方からうまくポイントをおさえてアプローチすれば、うまくいく可能性が高いということ。そこで今回は、そういった年下男子を最短で落とす方法をご紹介したいと思います。

1.プライドを持っているところをピンポイントで褒める

 「自分がこだわっているところを褒められると自信がつく。年上の女性にも認められていると思うとその人のことが段々好きになる」(27歳/IT)

年下男子であってもやはり男。男性はとにかくなめられたくありません。年上女性の方が仕事ができたりお金を持っていたりすると男性は、一瞬ひるんでしまいますが、その隙をついて、彼が自信を持っているところを褒めてください。そうやってピンポイントを的確に褒めることで男性の心は掴めます。同年代に褒められるより、人として自分よりも成長していそうな年上女性に褒められる方が、自尊心が満たされるので、褒め効果も大きいのです。

2.年上のお姉さんとして刺激を与える

「年上女性は、考え方とかも自分という軸が出来上がっている感じで話し甲斐がある。自分も成長しなきゃと刺激を受ける」(25歳/メーカー)
 
彼の心を掴んだあと、今度はゆっくりじっくりと彼に接近してみてください。二人でご飯に行ったり、カフェでお茶したりして、話をしてみてください。彼にとっても、あなたの考え方は新鮮なものに思えるはずです。
男性の方が、精神年齢は下で年も下となれば、いくらでも自分の考えを話し、刺激のある話として相手は受け取ってくれます。深みのある人間だと思わせられれば、自分が成長できそうだと前向きにあなたとの関係を育んでいくでしょう。

3.男性ならではの頼り方をする

 「年上の女性には、とにかく男としてみられてるのかどうかが不安。頼られたりしたら自信がでて、自分からも攻めやすくなる」(26歳/広告)

男性として頼られると、自信がつきます。電化製品のこと、仕事のこと、悩みを相談するなど「あなたにしか話せないの」と頼っていることを明確にしてください。男性は、相手にされていない。端から無理な戦いで振られたくないという気持ちが強いです。彼のことを男性として見ているということを、認識させましょう。また、褒め効果同様、自分より経験がある(はず)年上の人から頼られる、という状況は、年下男性の自尊心を満たすでしょう。

4.自分から告白環境をつくる

「相手が自分のことを好きだという確証に近いものがないと告白できない。相手が好意を見せてくれると喜んでスムーズに告白できる」(29歳/コンサル)
 
残念ながら現代の男性は、年上女性に告白する勇気を持ち合わせていません。非常に臆病でフラれることを恐れます。「寂しいんだよね」「恋人いればいいんだけどね」と布石を打って行き、相手に告白環境を用意してあげましょう。
ここまでしなきゃダメかと思うでしょうが仕方がありません。年下男子と付き合えることを考えて上手く彼を導いてあげてください。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

年下男子と付き合うためには、以上のステップを踏んでいただくのが確実で最短です。自分のプライドより、彼のプライドを優先することができれば必ず上手く彼をゲットできますよ!

(白武ときお/ハウコレ) 

<オススメ記事>

関連記事