2013.08.22

幸せオーラ全開!ラブラブになれる手のつなぎ方・5選


「手をつなぐこと」には、二人の距離を一気に縮める効果があります。
ですが、実は男性にとっては自分から手をつなぐことはとても勇気のいること。もし手をつなぐのを断られたら、男性は存在を全否定されたと感じ、とても傷いてしまいます。だからこそ、こういう時に女性からつないでもらえるとかなり嬉しいものなんだとか。そこで今回は、彼との仲が深まって、よりラブラブになれる手のつなぎ方を、シチュエーション別にご紹介します。

1.初デート

初デートのとき、普段デートするときなど、あなたのほうから普通に手をつないでみましょう。男性のほうから手をつないでこないのは、緊張しているからです。男性のほうが性に関するもの、ボディータッチには関心があるはずなのに、手をつないでこないということは、あなたに嫌われたくない心理が働いているから。こういうときは、ふつうに手をつなぐのが一番です。オーソドックスに手をつなぎ、彼にの安心感を与えましょう。

2.セックスを予感させる

セックスする前やあと。明らかにわたしたちつながってたよ、ということを再確認させるためには、恋人つなぎがオススメです。普段は普通に手をつなぐのに、こういうときだけピンポイントで恋人つなぎをすると、密着度も上がり、彼は、「あー、オレたちは恋人同士なんだな~」と改めて実感するはず。わざわざ恋人つなぎをしてくるあなたをみて、彼は「かわいいな~」とあなたに対する愛しさが増すでしょう。

3.約束をしたとき

小指は指切りのしるし。彼となんらかの約束をしたとき、小指だけで手をつなぐといいでしょう。「指切りだからね」と言いながら、小指だけで手をつなぐと、彼はあなたのことをいじらしく感じ、約束を守らなくちゃいけないな、と改めて思います。メールを送ったら必ず一日経つまでに返信する、一日一回電話する、他のオンナ友達と飲みにいかない
、など、彼の日常生活を圧迫させない程度に、彼と約束をして少しずつ縛っていきましょう。
束縛というと聞こえはよくないですが、ルールを決めておくことは大事。しかも、小指だけの手つなぎでかわいらしさが増すので、約束についてもちゃんと聞いてくれるはずです。

4.彼をちょっと振り回してみたい

ちょっと彼を振り回したい、小悪魔チックな気分のときや、「オマエにはかなわないなぁ~」と言われるような、あなたが優位にたっているとき。そんな時には「彼の手首をつかむ」のも、彼のM心を刺激してオススメです。男性は、外の世界では弱みをみせられないもの。受け身でいることなんて絶対にできません。あなたからアクションを起こすことで彼を受身にしてあげると、彼も安心感を感じられ、ラクなはずです。

5.ケンカしたとき

ケンカしたあとなかなか仲直りのきっかけが掴めないときや、彼の機嫌が悪いときは、小さなこどものように、彼の中指から小指までをつかんでみましょう。こどもらしさを演出して、彼の父性をくすぐることができます。どんな男性にも父性は備わっているもの。あなたのあどけない可愛さに、彼のイライラもやわらぐことでしょう。

おわりに

手をつなぐという行為は、お互いがつながっていることを確認しあう行為です。手のつなぎかた一つで、かわいいな~、愛しいなぁ~、色っぽいなぁ~と、男性が思うあなたの印象はどんどん変わっていきます。ぜひ、シーン別につなぎ方を変えて、いろんなあなたを演出してみましょう。彼とラブラブになれること間違いなしです。

(内野彩華/ハウコレ)

<オススメ記事>

関連記事