2013.08.27

目指すは女子アナ系!彼ママに会う時に気をつけること・5選


付き合ってる実家暮らしの彼の家にふいに遊びに行くことになった時、あなただったらどうします?まだ結婚を前提に~なんて話をするような段階じゃないけど、できれば彼のお母さんに良い印象を与えておきたいし、何も気にせず普段どおりってわけにもいかないわよね。そんな時、気をつけておきたいポイントを伝授しちゃいます♪

1.ブランド物は禁止

同じ女性同士、服装やファッション・持ち物は一番見るところよね。
大事な息子が連れてきた彼女が全身ブランド物で身を固めた女だったら、この子金銭感覚とか大丈夫かしら?もしかしてうちの子に貢がせてるんじゃ…とお母さんは不安になるもの。良く見られたいからと高級ブランドに頼るのは、気合いを入れる方向が間違ってるわよ!

2.今年の流行は取り入れない

無理して着飾って行く必要がないのは何も値段の部分だけじゃありません。
今の最先端の流行に乗ったファッションやメイクはやめましょう。
一般の主婦は最新のトレンドをそれほど意識していないもの。流行を追いかけすぎた格好は逆に煙たがられるわよ。それよりも愛されるのはベーシック。世代を超えて愛される格好を心がけてね。

3.流行り言葉は使わない

世代の違いを意識した方がいいのは口調や言葉も同じ。
激おこプンプン丸とか絶対ダメよ。よくわからないわ。
別に常にカッチカチの敬語だとか、お嬢様言葉で話す必要もないの、
流行り言葉や乱暴な言葉を控えて、失礼のない範囲で普通に話せば問題ないわ。

4.彼氏のことをバカにしない

クイズ番組とかを見てると、ふと「こんな問題もわからないの~」とか「えー、知らないの~?」とかついつい言っちゃいがちよね。
自分としては特に意識してなくて、悪気なく、いつも通りで彼とじゃれあってるつもりだったりするわよね。
自分の家で2人の時とか、同世代の友達の前とかなら別にいいんだけど、彼の親にはそう映らないこともあるわ。
自分では仲良くしてるつもりの行動が、言いすぎじゃない?バカにしてない?なんて思われたら大変よ!
彼の親の前では非難するような発言は控えて、立てる方向にまわりましょう。

5.率先して色々手伝おうとしない

まだ初めての訪問で結婚前提って段階でもないんだったら、無理に手伝おうとしなくていいの。お母さんが出したお皿をちょっと受け取って運ぶとか、せいぜいその程度で十分よ。
「台所は女の城」って言葉があるけど、城の主にとって部外者にはあまり立ち入ってほしくないもの。
家庭的なアピールをしようとして、料理とか洗い物を手伝おうとグイグイ行くのは逆効果だから気をつけてね。「何かお手伝いできることありませんか?」と伺って、求められたコトを笑顔でやる程度が適切よ。

吉井奈々からの愛ある毒のメッセージ

いかがかしら?大事なのは、ポイントを稼ごうと思ってアタッカーになろうとしないこと。
お母さんの手伝いとかみたいな行動面でも、彼やご家族との会話でも、ポイントゲットするアタッカー役になるんじゃなくて、自分はクッションになれるようトス役に徹してあげて。
バラエティー番組の司会でいる女子アナがそうでしょ?アタックしようと前に前に出ると出しゃばりに思われてしまうこともあるけど、トス役は一緒にいて気持ちがいいし、いつでもどこでも重宝されるものよ。彼だけじゃなく、ご家族にも愛される素敵なクッションになってあげてね♪

(吉井奈々/ハウコレ)

関連記事