2010.06.01

ひとりでできるお休み前の簡単マッサージ

「肩や首がこりすぎて夜眠れない、頭痛がする」そんな方におすすめの、ひとりでできる首・顔・頭のマッサージのご紹介です。

1.まずはお風呂

やっぱり身体を温めるのが大切です。暑い季節になるとシャワーで済ませてしまう人も多いと思いますが、冷房で思ったよりも身体は冷えています。お湯につかって身体を温めましょう。ゆっくりお風呂にはいってリラックス。好きな香りの入浴剤を入れるのも効果的です。入浴中にも軽く肩や首を揉んでほぐしておきましょう。

2.まずは首のマッサージ

最大のこりはやっぱり首。まず首をほぐします。
①まっすぐ仰向けに横たわります。
②枕を頭にあてます。
③両手を首の後ろにまわし、首の中心(ぼんのくぼ)から指1本分ぐらい外側、ちょっとくぼんでいる部分に中指を当てます。
④首の力をぬいて指で頭を支える感じで。

●首の縦方向にマッサージ
①少し痛いぐらいまで指に力をこめて10秒押します。
②首の骨にそって肩まで指1本分くらい動かしながら、10秒ずつ押します。
③3回繰り返します。

●首の横方向にマッサージ
①少し痛いぐらいまで指に力をこめて10秒押します。
②首の付け根にそって耳の下あたりまで指1本分くらい動かしながら、10秒ずつ押します。
③3回繰り返します。

3.顔のマッサージ

意外と顔はこっています。顔のマッサージをすると、とてもすっきりしますよ。
●ほうれい線にそってマッサージ
①小鼻から指1本分、ほうれい線の始まるあたりに中指を当てます。
②ほうれい線にそって、指1本分くらい動かしながら10秒ずつ押します。
③3回繰り返します。

●頬骨にそってマッサージ
①小鼻の少し上、頬骨の際あたりに中指を当てて、強く押します。
②頬骨にそって、指1本分くらい動かしながら10秒ずつ押します。
③3回繰り返します。

●眉毛にそってマッサージ
①眉間をはさむように中指を当てて、押します。
②眉毛の生え際にそって、指1本分くらい動かしながら10秒ずつ押します。
※この時、指を滑らせて、まぶたを傷つけたり、目を強く押してしまわないように気をつけましょう。
③3回繰り返します。

●おでこのマッサージ
①おでこの中央、少しくぼんでいる部分に中指を当てて、強く押します。
②こめかみまで指1本分くらい動かしながら10秒ずつ押します。
③最後にこめかみをゆっくりともみほぐします。
④3回繰り返します。

4.頭のマッサージ

一日中仕事をしていると、頭も固くなるものです。頭もマッサージでリラックスしましょう。
①頭のてっぺんに親指以外の4本の指を当てて、強く押します。
②頭の形にそって、耳まで指1本分くらい動かしながら10秒ずつ押します。
③3回繰り返します。

5.眠くなったら眠りましょう

マッサージの途中で眠くなったら寝てしまいましょう。リラックスして、ぐっすり眠るためのマッサージなのですから、眠くなったら効果があったということです。
少し痛いくらいの強めのマッサージが気持ちもよく、効果的です。ただし、眉際をマッサージするときは、目を傷つけないように気をつけてくださいね。

関連記事