2013.09.05

カップルにありがちなトラブルへの対処法


付き合ってからだいたい半年くらい経つと、もめる回数が増えてきませんか?最初のころのラブラブな関係からちょっと冷静になって、相手の気になる部分が増えてきたりして。
今回はアンケートからわかった、カップルにありがちなトラブルへの対処法をご紹介したいと思います。

1. 甘えてくる彼氏の母親役にうんざり

「年下の彼氏が一人暮らしを始めたばかりなので家事を手伝ったりしているうちに、彼の母親のようなことをしている気がしてきた。自分の家の家事もやって、彼の家の手伝いもして。いい加減うんざり。」(25歳/保育)

付き合い始めはかわいかった彼の甘えぐせ。世話を焼いてあげることで「私って必要とされてるんだ」と満足していた時期があるのではないでしょうか。しかし、付き合いも長くなると、家政婦扱いをされている気がしたり、彼も手伝ってくれて当然のような態度になったりして、不満もでてきます。もう少し自立して欲しいと思うなら、しっかりと彼女をリードしている男性の姿を見ながら、「かっこいいな」と呟くなどして、彼に意識させてみてはいかがでしょうか。

2. 彼に八つ当たりしてしまって雰囲気が悪くなる

「仕事のこと、友達との悩みを話しても大した反応を返してくれない彼にイライラしてしまいます。それに対してちゃんと聞いてるの?と怒ってしまって2人の雰囲気が悪くなりがちです。」(27歳/Web)

毎日の生活のストレスの矛先が、身近にいる彼氏に向いていることはないでしょうか。ちょっとした悩みを聞いて欲しい時はありますが、男性に対してただ聞いて欲しいだけの話をするのは喧嘩の元です。慰めて励まして欲しいならまず友達に相談。もしくは、マッサージやアロマを使って「癒される時間」を作り、一人でイライラをうまく浄化する方法を身につけてもいいかもしれませんね。

3. 大事な秘密を言うか迷う

「過去の秘密を隠したままで付き合っていることに申し訳なさを感じて、伝えてしまおうか悩みます。」(29歳/会社員)

個人的に抱えている悩みや問題は、なかなか他人には話せません。罪悪感から開放されたいあまりに、勢いで告白してしまっても彼が受け止めきれない可能性もあります。特に結婚を意識していたら、深刻な問題になるかもしれません。言わなきゃ言わなきゃと焦りすぎず、彼とのあいだに信頼関係があると自信が持てた時に話したほうが◎。

4.お金を貸していいものか迷う

「お金を貸して欲しいと彼から突然言われ、どうしようかと悩む。私の生活も余裕は無いし、彼もはっきりとは必要な理由を言わないので不安になります。」(26歳/販売)

付き合いが長くなり、彼女の優しさに甘えが出始めて、お金にまで手を出そうとしたら、一度冷静に彼を見た方がよさそう。本当にお金が必要なら、まず身内や友人に頼むはずです。情が移ってしまうかもしれませんが、貸すなら帰ってこないことを覚悟したうえで渡した方がいいでしょう。

5. 口うるさい彼氏にぐったり

「一回り年上の彼は、亭主関白というか常にちょっと上から目線の発言が多い。ここにその服は合わないとか、料理を習いに行ったらどうかとか、私の身の回りのことに対する意見が多くてぐったりするときがあります。」(26歳/銀行)

男性には理想の彼女像があって、それに近づいて欲しいと思っていることが多いです。その理想のために努力するかどうかは自分次第。服装まで無理をして変えたくない、料理より自分の趣味のための時間のほうが大事、など自分なりの考えがあるなら彼に伝えてしまいましょう。あなたのことを大事に思ってくれているなら、わかってくれるはずです。

おわりに

どんな仲良しカップルにも揉め事はつきもの。特にマンネリ期、トラブルは多くなりがちです。でも信頼関係を築くためには避けては通れませんので、見て見ぬふりはせず向き合いましょう。

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事