2013.09.07

素敵な恋愛を手に入れるために・・・終わった恋の上手な扱い方


自分からフッたり、逆にフラれちゃったり、恋の終わり方はいろいろだけど、ステキなカレシでも最悪のカレシでも、終わってしまった恋の扱い方で、未来の恋愛がうまくいかなくなることって多いんだよ。永遠のパートナーは人生にたった一人ってことはそれまでの出会いの最後は必ず別れ。その別れを上手に扱って、スカッと次に進めるステキ女子になるために大事なポイントを紹介するね。

1.反省しない

終わったばかりの恋愛を思い出し、あのときのあの言葉、あの態度、自分の中のあれやこれやをひっぱりだして、あーすればよかった、こうしたらよかったと考えてしまうことなんてやめましょう。それって「うちってこんなにダメじゃん」って確認しているだけ。ひとつひとつ、全部直すよって言える方はいいですが、ほじくりだすだけほじくりだして、何もできずに後悔するだけならなら意味ないよ。「こんなにダメな自分だけど次は絶対にうまくいく」なんて思える人のほうが少ないですよ。反省などやめて、のんびりハーブティでも飲んでリラックスしてくださいね。

2.嫌いになろうとしない

一度は好きだった人だから、別れたからってすぐには嫌いになれない。別れたのに好きってつらいよね。だから「嫌いにならなきゃ」って必死に努力するってわけ。嫌いになろうとして、いやなところとかを思い出そうとするんだけど、そうやって思い出すことで、いつの間にかステキなところや良い思い出ばかり出てきちゃって、さらに彼を好きだって思うようになっちゃうこともあるのよね。無理して嫌いになろうとしなくていいの。感情って仕向けることができないのよ。のんびりお風呂で自分磨きでもしてくださいね。

3.忘れようとしない

「早く忘れなきゃ」って思うと、逆に意識しちゃうもの。つまり、元カレを忘れようとすることが思い出すきっかけになっているってこと。人生のあらゆる場面は瞬間の体験の積み重ねです。ほんの一瞬の出来事を記憶していて、ほとんどの経験はすっかり忘れ去られていくのに、忘れたい記憶はなかなか薄れてくれない。むしろどんどん鮮明に思い出すようになって、ほんのさっきの出来事のように思い出すたびに激しく動揺したり凹んだり。忘れるために大事なのは「思い出さない」こと。人は一度に二つのことを考えることができないの。その特性を利用して、他の事を考えちゃえばいいってわけ。どうせなら楽しいことを考える時間を増やしてほしいな。

4.新しい恋をしようとしない

報われなかった恋を忘れるために新しい恋愛をしよう!っていう意見をよく聞くよね。もちろんそれができる人もいるのだけど、一途な恋愛を失った人にはちょっと難しいんだよね。新しい恋愛を始めるには、新しい関係を作るってこと。でも、その過程一つ一つが失ったばかりの恋を思い出すきっかけになって、そんな気はなくてもなんだかんだと自然と比べてしまうのよね。新しく出会った人がいい人でも、最初から深い絆なんて作れないんだから、付き合ってたカレシみたいな居心地の良さはなかなか得られないからね。

羽林由鶴からのメッセージ

失恋を繰り返しながらステキな恋愛ができるようになって、一途な恋愛も幸せな結婚も自然と手に入れられる大人の女性になっていくんだよ。一つ一つの恋愛を大事にするのはもちろんだけど、一つ一つの別れは大事にしすぎないことがポイントよ。

(羽林由鶴/ハウコレ)

関連記事