2013.10.07

持っていると便利!「ピンクシャドウ」の活用法・3つ


一つ持っておくと、とっても便利なピンクのシャドウ。
今回は、そんなピンクシャドウの活用法をご紹介します!
ピンクチークを活用しても良いけれど、最近は安くて優秀なプチプラシャドウがたくさん出ているのでまずチェックしてみよう!

1.アイラインの上に入れる


ピンクシャドウ活用法の1つ目は、アイラインの上に更にピンクのラインを足す方法。
ブラウンメイクやベージュメイクをした目尻に、ピンクのリップペンシルやペンシルアイライナーでラインを引く。その後、チップなどでぼかして仕上げよう。

2.耳たぶと顔の境目に入れる


2つ目は、耳たぶと顔の境目に入れる方法。指先でピンクシャドウをポンポンと置いてから、スポンジやパフで色味がわからなくなるぐらい馴染ませ、かすかにピンクの色味を残そう。シャープな顔もなぜだか自然にキュートに見えるよ!

3.黒目の下に入れる


3つ目は、黒目の下に入れる方法。ナチュラルカラーなメイクの仕上げとして、黒目の下にピンクシャドウを入れ、チップなどで小さくぼかそう。こうすることで、顔に幼さが生まれ、愛され童顔フェイスに!

おわりに



ピンクシャドウの3つの活用法、いかがでしたか?いつものメイクに少しプラスするだけで、キュートな印象に見せることが出来るよ。ぜひ試してみてください!

(モデル:大武理菜)
(弾塚凌/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事