2013.10.15

デカ目を実現!扇形まつげを作るマスカラテクニック


マスカラは誰しも持っている定番コスメですが、上手に使いこなすのは意外と難しいもの。キレイに扇状に広がったまつげがなかなか作れず、諦めてしまった経験はありませんか?
今回は、しっかりとカールした扇形まつげを作る方法を紹介します。
まつげを根元から上げることで、デカ目効果もありますよ!

1.ビューラーをかける


ビューラーでまつげを挟む。
根元からまつげを立ち上げるようにしよう。


まつげを挟んだまま、ビューラーを上に向けていこう。



最後は、ビューラーが90°傾くくらいしっかりとまつげを上げておこう。
根元をカールし終わったら、まつげを挟む位置をまつげの中央・毛先部分にずらし、バランスを見ながらカールしていこう。

2.マスカラ下地を塗る


ビューラーでまつげを上げた後は、マスカラ下地を塗る。
ジグザグにブラシを動かそう。下地は1、2度塗りでOK。

3.マスカラを塗る


マスカラはダマにならないように注意しよう。
下地と同じく、ジグザグにブラシを動かし、根元からまつげを上げていこう。

4.マスカラをタテ塗り


次に、ブラシを縦に持ち、まつげ1本1本に塗っていく。
扇状にまつげが広がるようにバランスを取りながら、まつげの方向を決めていこう。

下まつげにも同様に、ジグザグにブラシを動かして全体にマスカラを塗ってから、1本1本にタテ塗りしていくよ。

5.コームで梳かす


仕上げにコームでまつげをとかそう。
ダマが出来てしまった時は、ここでカバーしておくよ。

完成!



ビューラーでまつげを根元から上げておき、マスカラでしっかりまつげを扇形に方向づけていくのがポイント。自まつげをしっかりとカールしておくことで、よりつけまつげが馴染みやすくなるので、つけまつげ派の方もぜひ取り入れてみてくださいね。


(モデル:西島来美)
(弾塚凌/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事