2013.10.28

「彼の〇〇に惚れている恋」はかわいそうな恋?残念な恋愛の特徴・4選


振り返ってみたときに、苦いとしか思えない恋愛の記憶はありますか?今までの彼氏の選択に後悔なんてない!と言い切ることはできますか?自分ではなんだかんだ楽しかったわ、と思っていても、周囲から見たら残念だな・・・と思われている恋愛があります。他人の恋愛模様は、冷静に客観的に見ることができますよね。そこで、今回は見ていて残念に感じた恋愛のアンケート。そこから残念な恋の特徴をご紹介します。

1.彼の未知の部分に惚れている

「ミステリアスな彼氏自慢をしてくる友達がいて、ずっと心配でした。職業もフリーランスとかいうよく分からないもので、収入も不安定。分からないところがあるほうがドキドキするって、分からないにも限度がありますよね。」(27歳/編集)

相手の分からない部分に対する憧れや好奇心を、恋愛感情と勘違いしてはいないでしょうか。友達から発展した関係ではなく、友達の紹介や合コンであった人だと、相手に対する詳しい情報がないため、いいように解釈して満足している可能性があります。よってその未知の部分に対する妄想が、現実で打ち砕かれるのを恐れて目を背けたり、知った途端恋愛感情が冷めることがあります。現実を見たうえで、本気で付き合っていける人なのか見極めないと後々後悔することになりますので注意です。

2.彼の肩書に惚れている

「どんな彼なの?という質問に職業説明をする子。職種も企業名も年収も興味はなくて、彼の人柄が聞きたいだけなのに、彼の仕事や肩書で選んでいるように見えて彼氏もかわいそうだなと感じました。」(29歳/主婦)

職業や年収は気になるポイントではありますが、そこだけで彼を評価しているのは、なんだか生々しいものですね。年収○万円以上の合コンなどが存在するようですが、彼に惚れたのか、彼のお金に惚れたのかは大きな違い。もし彼がリストラにあったとして、本気で励ますことができるのでしょうか?

3.彼の言いなりになっちゃっている自分に惚れている

「服装や髪形、持ち物までガラリと変わったのでどうしたのかと聞くと彼氏の好みに変えたという友達がいた。遊ぶかバイトをしていて学校に来ず、派手な友達が増えていき「彼が痩せている子がいいって言うから」と断食をしたり・・・見ていて苦しくなった。」(20歳/学生)

彼に振り回されながらも、新しいことを見せてくれる彼氏と変わっていく自分に惚れてしまっているのではないでしょうか?恋愛はいい方向に人をかえることもあれば、逆効果になることもあります。彼の意見をすべて却下したほうがいい、というわけではありませんが、聞き入れるべき意見と、聞き流すべき意見を判断しないと、カレ色に染め上げられて自分ではなくなってしまいます。

4.自分の言いなりになっている彼に惚れている

「彼女が相手に自分のタイプを押し付けて、まるで支配関係のようになっていて周りはドン引き。気が弱い彼氏のほうは一生懸命彼女のご機嫌をうかがっているというかんじで、幸せなのかなーと疑問でした。」(24歳/保育士)

恋愛経験が浅かったり、気が弱かったりする男性に対して、上から目線で接して自分の思い通りにさせてはいませんか?思い通りにならなかったり、意見のすれ違いがあったりするなかでやっていくべきなのに、すべて自分の意思を貫いて彼に我慢をさせているのは、残念としか言えません。

おわりに

残念な恋というのは、実際にしている側としてはなかなか気が付けません。別れてから「なんかバカバカしいことしていたなー」なんて悲しくなりたくないですよね。定期的に友達と話しているとそれおかしいんじゃない?と指摘してくれることがあるので、友人カップルと比較してみてはどうでしょうか。

(松宮詩織/ハウコレ) 

関連記事