2013.11.01

恋の裏工作!?風邪を引いているカレにさりげなくアタックする方法・5つ


秋もすっかり深くなり、夜なんかはずいぶんと冷えますよね。乾燥も強くなってきて、風邪が流行する季節でもあります。
しかも、男子って意外と女子よりもカラダが弱かったりしますから、すぐ風邪を引いてしまいがち。
しかし、恋においてはピンチは常にチャンス。カレが心身ともに弱っているときこそ、いい意味でその弱みに「つけこんで」、カレに猛アタックを仕掛けちゃいましょう!
というわけで今回は、20、30代女性50人に「彼氏が風邪のときにあえてすること」を聞いてみました。
早速、見てみましょう。

1.「心配だな。」とツイートする

「カレが風邪で寝込んだらすかさず『心配だな。』とツイートする。病気だと、暇でツイッターも頻繁に見ているだろうから、必ず見てもらえる」(大学院生/24才)

まったく、大した策士ですね。カレに直接言うならともかく、それ以外の場所でもカレのことを心配しえちるアピールをすることで、「ああ、本当にオレのことで頭がいっぱいなんだな……」とカレを喜ばせることができますよ。

2.「私も元気ないよ」とメール

「カレが風邪のときには『私もなんだか元気なくなっちゃった』って言って、ショボン顔の顔文字を付ける。」(受付/26才)

「私はアナタと一心同体なの……」なんてメッセージは、弱ったカレには少し効きすぎてしまうかも!?

3.スポドリを差し入れ

「なんだかんだ男子はスポーツドリンクが大好き。風邪のときなんかはおかゆとかよりもずっと喜ばれるわ」(事務/25才)

女性としては、ついついおかゆなど消化にいいものを作ろうとしてしまいがち。でもそれは半分が女性の自己満足なのかもしれません。効率の良い栄養補給は、いさぎよく市販品に任せましょう。

4.Amazonになってあげる

「風邪を引いたカレは、買い物にいけないことを残念がっていたので、読みたい小説や雑誌、ゲームをかわりに買いに行ってあげると喜ぶ」(フリーター/29才)

風邪のつらさのひとつは、なにしろ暇なこと。これを解決するには、やはり暇つぶしの道具を提供してあげることでしょう。そう、カレだけの「Amazon」になってあげるのです。

5.キスをしてあげる

「風邪のカレには、すかさずキス。これで一撃よ」(キャバクラ/30才)

な、なんという力技。一見意味不明に思えるこのテクですが、じつはこんな真意があるのだそう。風邪なのにも関わらずためらわずにキスすることで、「コイツはこんなにもオレのことを愛してくれている。自分の健康よりも、愛の方が大切なんだな……」こう思わせられるんです。

おわりに

いかがでしたか?
はじめにも言ったように、ウイルスにやられて弱っているカレは、身も心も隙だらけ。そこを利用せずして、カレを「恋のインフルエンザ」に感染させることはできません。
これらをしたたかに実践しておけば、仮に今度はアナタが風邪を引いてしまった際には、カレがアナタをお姫様のように扱ってくれること間違いなし!?

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事