2013.11.02

男性が認める「究極のモテ女」の特徴・4つ


女性には分からないかもしれませんが、男性は分かりやすく提示された魅力に対して素直に飛びつくものです。「あの子ぶりっ子だよ?」と忠告したところで、口には出さないかもしれませんが、「ぶりっ子のなにがいけないの?」と心の中では、思っています。

そこで今回は、男性が認める究極のモテ女の特徴をご紹介したいと思います。

1. 快活でノリがいい

「ノリがいいとゴハンに誘いやすい。断らなさそうっていうイメージを持たれているとそれだけで恋愛のチャンスが増えると思う」(27歳/IT) 

男性は、清楚で落ち着いた女性を理想のタイプに掲げがちですがそれを女性が実行するのは難しいことです。どこかでボロが出てしまいます。それよりも、快活でノリがいい女性を演じた方が効果的に無理なくモテることができます。アクティブで、気軽にゴハンやレジャーに参加するノリの良さは、男性にとってとても誘いやすいです。ガードを固くして、高嶺の花を演じている女性がいますが、恋愛のチャンスを自ら逃しているようにしか見えません。一緒にいて楽しいようなイメージを振りまけると、自然とデートの誘いが舞い込むでしょう。

2. 笑顔が耐えない

「よく笑う女の子は幸せそうな顔をしているし、笑わせがいがある。気持ちがいいくらい笑ってくれる女の子は、自然といろんなところに呼ばれてる気がする」(25歳/銀行)

男性は常に女性のことを喜ばせようと努力しています。飲み会でも会社でも、目の前の女性をトークでなんとか笑顔にしたいと思っています。そこで、ぶすっとしたり、可愛げのない愛想笑いをするのではなく、上手に好感の持てる笑顔をつくれると印象は大幅に変わります。笑い上戸になれれば、それに越したことはありません。笑うハードルを高く設定してもいいことはありません。どんどんハードルを下げて行きましょう!

3. 弱みを見せられる

「女の子が困っていると、助けてあげたくなる気持ちは男ならあると思う。女の子からの評価も上がるし、自分としても満足できるし。だから悩みを相談されるとなんとかしてやんなきゃって気になる。」(26歳/放送)

自分の弱みを見せられるということは、恋愛にとって大きな強みです。「わたし最近仕事でうまくいかなくて」「〇〇なことがコンプレックスで」と、個人的な悩みを男性に相談すると、「おれがなんとかしなくちゃ」とヒーロー気取りで助けようとしてくれます。自分の悩みはどんどん男性に相談していきましょう。人は誰かの役に立ちたいのです。きっかけをつくれる女性はモテます。

4. 恋したいモード宣言

「恋したいとか言われると自分にもチャンスがあるんだって思うからその気になる。思惑通りなのかもしれないけど、落とすチャンスがあることをさりげなく伝えられる女の子はモテる」(29歳/広告)

「最近いい人がいなくて」「恋人が欲しいんだよね」「話を聞いてくれるひとが好きなの」と、まるで自分のことを誘っているのではないかと錯覚できる言葉を並べられる女性は強いです。「自分のことを好きになりたいのかな?」と相手の男性に隙をどんどん見せて行きましょう。大事なのは、「さりげなさ」。隙だらけでは逆効果なので、あくまで「さりげなく」見せてください。恋したいときには、きちんと男性にアピールして効率よくゲットしましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
モテるといっても、案外簡単な方法でOKなのです。あとは、出会いの数を増やす努力をしてください。好きになれそうにない男性ばかりの環境にいても、恋は生まれませんよ!

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事