2013.11.04

彼に触れずに「ドキッとさせる」5つの方法


気になる男性に対してアピールはしたいけれど、ボディタッチには少し抵抗がある・・・とお悩みの女性はいませんか?彼に触れずとも、女性らしい奥ゆかしさや、視覚の印象で、間接的に男性の心をゆさぶることは出来るものです。20代の男女へのインタビューをもとに、触れずにドキッとさせる方法をご紹介します。

1.ゆったりと見つめる

「壇蜜さんがまさにそうかなと思うんですが、ゆったりとした動きにはドキドキしますね。話し方とか、目線の投げ方とか。僕自身いつも慌ただしく過ごしているし、女性も忙しい人が多いから、余計にそう感じるのかも。ときめいて、思わず目で追ってしまいます」(27歳男性/研究職)

人気のタレントさんには、やはり人を引き付ける魅力がありますね。女性ならではの奥ゆかしさを演出するなら、まずは、プライベートの時の仕草を柔らかくゆったりしたものに変えてみてはいかがでしょうか。テキパキしていて活動的な女性ほど、良い意味で意外性を感じさせることができるので、効果が期待できそうです。

2.極端に小さな声で話す

「気になる人がいたら、理由をつけて賑やかな場所での食事に誘います。そこで、会話の途中にときどき話し声を小さくすると、彼が、『え? 何?聞こえない』となるので、そのタイミングで耳元に顔を近づけて話しかけます。周囲がうるさいから仕方ないという言い訳があるので抵抗なくできるし、ドキッとする男性も多いみたいですよ」(25歳女性/企画)

さりげなく小悪魔を感じさせるテクニックですね。不意に距離を縮める行動は、男性をドキッとさせる効果が期待できます。この方法を使う時は、近くで顔を見られても良いように、肌の状態やメイクを万全にしておきましょう。

3.デコルテを磨く

「肌がきれいな女性が嫌いな男性って、いないんじゃないかな。露出は控えめなのに、鎖骨とか首すじのあたりがきれいな人を見ると、それだけでドキドキしますね。シャツより、カットソーとか柔らかいラインの服だとさらに魅力的」(26歳男性/販売)

肌の質感や女性らしいラインは、男性をときめかせるポイントの1つ。日頃からまめにケアをして、乾燥したりシワができたりしないように気を付けたいものです。デザインの好みだけでトップスを選ぶのではなく、自分の肌の色が映える色や、デコルテが美しく見えるカットなどを考えて決めるのもいいですね。

4.会話でさりげなく想像させる

「自分から男性に触れるのは苦手なので、言葉でドキッとさせられるように努力しています。たとえば、何か嬉しいことを言われたら、『えー、嬉しい。そんなこと言われたら、いますぐここで『ギュッ』てしたくなっちゃうよー』など、少し大胆に喜びを表現します。言葉だけですが、抱きしめられるのを想像して照れる男性もいるので効果はあると思います」(22歳女性/学生)

彼女は帰国子女ということもあり、この方法をよく使っていると言います。もし驚かれても、無邪気に笑って言うと冗談として流してもらえるそうです。

5.ふいに振り向く

「仕事の後、取引先の女性を駅の改札まで見送ったんですが、改札を通った後、彼女がパッと振り向いて、もう一度丁寧なお辞儀をしたんです。そのまま歩いていくと思い込んでいたので、不意を突かれてドキドキしました。それ以来、ちょっと気になる存在になっています」(27歳男性/営業)
控えめで礼儀正しい行動は、男性の心をグッと掴みます。予想外の動きは男性を戸惑わせ、それがときめきにつながることもあるようです。すぐに実践できそうなところが良いですね。

おわりに

触れることなく、さりげなく彼をドキドキさせる方法、いかがでしたか?少しの工夫で取り入れられるポイントが多かったのではないでしょうか? 気になるものがあったら、ぜひ、自分らしくアレンジして試してみてください。

(吉戸三貴/ハウコレ)

関連記事