2013.11.14

カード1枚でズバッと占う!「ワンオラクル」でアドバイスを受け取ろう


全部で78枚あるタロットカード。その中から1枚、引いてみましょう。そこから分かることは意外とたくさんあります。今回は、そんな「タロットカード一枚引き」についてご紹介いたします。
78枚だと多すぎて分かりづらいという人は、「大アルカナ」と呼ばれる22枚から1枚引いてみましょう。お手元にカードが無い場合は、ネットの1枚引きサービスや無料アプリを利用してみてください。

1.「ワンオラクル」という占い

タロット占いというと、カードを目の前に並べて読んでいくイメージがありますが、1枚引きもれっきとした占いです。古来より「ワンオラクル」と呼ばれ、1枚のカードから質問に対する答えを導き出す手法で、あれこれ悩んでいる時や本質的なことが知りたい時に、実際の鑑定の現場でもよく使われている占い方です。

2.どんな質問に適しているのか

ワンオラクルはわりと万能で、どんな質問にも使えます。今日のご飯に何を食べるかやショッピングの買う・買わない、気になる彼についてや恋愛の悩みごと、友人・家族・親戚縁者とのトラブル、今の自分に足りないものは何か、近々気をつけるべきことは何か、なんだかダルいけど今の状態はどうなんだろう…などなど。ちょっとしたことから大切なことまで、1枚でズバッと占う。それが、ワンオラクルなのです。

3.実際に占ってみましょう

タロットカードに慣れていない人は大アルカナ22枚から引いてみましょう。アプリやウェブのサービスも大アルカナのみのものが多いようですね。一通りのカードの意味が分かる人は78枚から引いてみましょう。
まずは、質問を設定します。その時に気を付けたほうがいいポイントとしては、「○○はどうなる?」のような受動的な質問ではなく、「○○はどうしたらいい?」のような能動的な質問にするよう心がけましょう。実際にカードを引いた後、結果のみを眺めるよりも、より良い方向に進むためにカードを使っていくことが大切です。

4.出たカードを読んでみましょう

何のカードが出てきましたか?そのカードがあなたの質問に対する答えです。まずはカードの名前を見てみましょう。その言葉から連想されるイメージを広げるのが第一歩です。ぱっと見た第一印象で得たイメージも大事です。タロットカードには本当の意味で悪いカードは存在しません。一見怖い絵柄のカードでも、その質問に対して、そのカードが出てきた理由は何なのかを考えてみましょう。1枚のカードから得られる情報量は、思ったよりも豊富にあります。カードからのメッセージをいろいろな角度から受け取ってください。

おわりに

タロット占いで最もシンプルな占い方である「ワンオラクル」は、単に1枚引けばいいというものではなく、質問をきちんと設定して出てきたカードをしっかりと解釈することが大切な占いです。シンプルではあるけれど、ある意味最も奥が深い占い方なのです。いろいろな局面で1枚引いてみると、意外な突破口や幸せを見つけられるかもしれません。

(桜田ケイ/ハウコレ)

関連記事