2013.11.22

肩こりを撃退するコンビニおにぎり・4つ


肩こりに痛みが伴うようになってくる、寒い季節がやって来ましたね。
肩こりを放置してしまうと、顔面の血流が悪くなるために老けた印象を与える原因になってしまいます。
今回は、肩こりに悩む女子のために、薬膳師マダム晴子が肩こりの種類と対策をご紹介します。
まず、一言で肩こりと言っても、以下のように4つのタイプがあります。

・ストレスが原因の肩こり
・血行不良が原因の肩こり
・ムクミが原因の肩こり
・貧血が原因の肩こり

肩こりを撃退するには、ランチタイムに何を選べばいいのでしょうか。それぞれのタイプに合わせて、コンビニエンスストアで手軽に買える「おにぎり」の種類をご紹介しましょう。

ストレスからくる肩こりに 「梅干のおにぎり」

パーンと張った肩こりで、マッサージなどで揉んでもすぐに硬くなるのがストレスからくる肩こりの特徴です。ブラジャーを窮屈に感じたり、頻繁にため息をついてしまうこともあります。

梅干のおにぎりは滞ってしまった気の流れを通す作用に優れており、イライラや不安、憂鬱な気分を伴う肩こりを軽減します。
このタイプの人は、唐辛子や七味唐辛子といった辛い物を控えることが肝心です。

血行不良からくる肩こりに 「カニ飯」

甚だしい血行不良からくる肩こりは、張るような痛み、もしくは刺すような痛みを伴う特徴です。長時間座りっぱなしで、読書やパソコンに集中していたりなど同じ姿勢を続けていたことが原因です。

カニ飯に含まれているカニは血行不良を軽減し血流を促進します。
このタイプの人は、日頃から濃い味付けの食べ物や塩辛い物を避け、薄味を心がけるといいでしょう。

ムクミからくる肩こりに 「昆布のおにぎり」

ムクミからくる肩こりは、身体全体が重くてだるいのが特徴です。
夕方になると足がムクんでブーツがきつくなったり、まぶたが腫れて一重まぶたになったり、顔がムクんできて、酷い人はめまいを起こすこともあります。

昆布のおにぎりは利尿作用に優れています。体内の余分な水分を頻繁に排出するこいとで身体全体が軽くなり、肩こりやむくみが軽減されます。
このタイプの人は、お酒の飲みすぎやタバコの吸いすぎに気をつけることも肝心です。

眼精疲労や不眠を伴う肩こりに 「鶏五目おにぎり」

眼精疲労やドライアイを伴う肩こりで、マッサージなどで揉まれると楽になるのが特徴です。また、夜なかなか寝付けない、夜中に目が覚めるといったことが続くために前日の疲れがとれず、慢性的な肩こりを諦めてしまいがちです。

鶏五目おにぎりは鶏肉とにんじんが肝臓の血液不足を補って全身の血流を促進します。
このタイプの人は冷たい飲み物を避けて、暖かく甘くない紅茶、ジャワティーなどを飲むといいでしょう。

おわりに

いかがでしたか?
辛い肩こりを予防して、「気・血・水」の流れを改善することで、身体がとっても楽になります。
高級な美容液をつけなくても顔色がキレイになり、化粧のノリがよくなりますよ。
ぜひ試してみてくださいね。

(マダム晴子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事