ツンデレで気まぐれな「猫系男子」をオトす方法・6つ


ペットと言えば犬や猫が代表的。よく、犬派と猫派に分かれますよね。今まで筆者が知人や友人に質問したところ、猫派よりも犬派と答える人が多かったように思います。しかし、ネット上には犬画像よりも遥かに多くの猫画像が溢れており、猫好きだって負けていません。定期的に獣医さんや動物保護団体に取材を行っており、猫の生態や行動に詳しい筆者が、猫のような性格の猫系男子を落とす方法について紹介いたします。

1.一人の時間をつくってあげる

猫は集団行動が苦手な生き物。猫系男子も、集団でいるより一人でコツコツ何かをやるタイプです。彼の事が好きだといつでも一緒にいたいと思ってしまいますが、そのような行動は猫系男子からはうざがられてしまいます。適度に彼との距離を保ちつつ、一人の時間をつくってあげましょう。

2.かまうときには思いっきりかまう

人と近過ぎる距離は嫌だと言いつつ、かまってほしいときは徹底的にかまってほしいのが猫。所謂ツンデレです。猫系男子が甘えたそうにしているときは、思いっきりかまって甘えさせてあげましょう。普段は本音を言わない彼も、デレデレタイムのときは素直な気持ちを表現してくれることでしょう。

3.ワガママをきいてあげる

ご主人様が第一の犬とは違い、猫は自分が世界の中心です。なので、ワガママを言っても許されると思っています。猫系男子にも、もしかするとワガママな一面があるかもしれません。頻度や程度にもよりますが、ワガママをきいてあげると、猫好き男子はよりあなたに懐くようになるでしょう。

4.気持ちを察してあげる

犬は大好きな飼い主に振り切れんばかりにしっぽを振り、笑顔を見せて気持ちを表現します。しかし、猫は本音を主張しない生き物。ですので、察してもらうのを待っています。猫系男子が自分の本音を言わず、感情を表に表さない場合、彼の気持ちを察してあげましょう。落ち込んでいるときは余計なフォローを入れず、そっとしてあげるのも大事です。

5.気まぐれを理解する

猫はとっても気まぐれな生き物。餌をくれる人が数人いる地域猫だったりすると、いろんな人に愛想を振りまいていることも。猫系男子を狙う女性が他にもいる場合、あなた以外の女性に寄って行くこともあるかもしれません。しかし、そこで嫉妬をせずに、彼がもう一度あなたの所へやって来るのをじっと待ちましょう。猫系男子は、無理やり自分のものにしようとする女性を一番嫌います。気まぐれを理解してあげ、『北風と太陽』の太陽のようにうまく自分の元へ誘導してあげましょう。

6.時には突き放す

猫は気まぐれに甘えたり、去っていったりします。でも、それで心を動かされていてはだめ。猫系男子はあなたの心を揺さぶるけれど、あなたが彼の心を揺さぶれないのではいつまでも翻弄されてばかりです。猫系男子が好きなのは、甘えさせてくれたり、そうではなかったりと気まぐれな相手。自分と同じようにその時々で対応が変わる相手にこそ好奇心を持って接するものです。いつも甘やかすのではなく、時には突き放してみましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。犬のように分かりやすい性格でないからこそ魅かれる人も多い猫系男子。少し複雑で繊細な気持ちの持ち主である猫好き男子を落とすには、あまりグイグイと迫り過ぎないことが重要のようです。

(姫野ケイ/ハウコレ)