2013.11.30

男子が明かす!「友だちのまま」で終わってしまう残念な女子の特徴・5つ


男女ともに、友だち以上恋人未満という、わりと複雑な感情を抱いている異性の友だちがいると思いますが、そういう煮え切らない関係のまま、疎遠になってしまう……とか、煮え切らない関係のまま片方が結婚してしまって、なんとなく友だちのポジションにしか座れなくて……とか、曖昧な関係って、世の中、多いですよね。
今回は「友だちのまま」で終わってしまう残念な女子の特徴について、ズバリ男子に聞いてみました。
「付き合ってよ」とストレートに言ってしまえば友だち関係も台無しになるかな……でもちょっと好きだしな……という煮え切らない女子は、ぜひお読みになってみてはいかがでしょうか。
さっそく見ていきましょう。

1.男言葉のオンパレード

「口を開いたら『食う』とか『うざい』とか『まじぃ?』という女子がいます。かわいいので彼女にしたいのですが、イマイチ口説くのにヨイショがいります」(22歳/大学生)

仕事終わりの女子大生キャバ嬢がこういう言葉をよく使いますよね。「まじぃ!?店長!あっし、今日、遅刻扱いっすか?」みたいに。ボーイさんもこういう女子を扱うのにヨイショがいると言っていました。

2.彼氏をコロコロ変えている

「ものすごくかわいい女子がバイト先にいて、やっと仲良くなれていいかんじなんですが、彼女、毎月のように彼氏を変えているんですよね。ややこしそうなのでちょっと勘弁ってかんじです」(20歳/大学生)

何事もシンプルなほうがいいですもんね。

3.ずど~んと重たいネガティブ女子

「友だち以上恋人未満の女子で、すごく美人な女子がいて、目を見られたらぼくはドキドキしちゃうんですが、彼女、会うたびに、ため息をついて愚痴りだすんですよね。かわいいから話を聴いてあげたり、ぼくの部屋に泊めてあげたりしていますが、どうも残念な結果に終わりそうです」(22歳/大学生)

ネガティブもほどほどにしないと「ややこしいな」と男子は思ってしまうみたいです。

4.男子はあたしの良きライバル!

「高校時代から続いている、友だち以上恋人未満って女子がいますが、勉強とか就活とかでお互いにライバルってかんじになってしまって、恋人には昇格しないでしょうね。
ぼくのほうは付き合う気満々ですが、彼女は大学4年生になっても、ぼくと張り合おうとしていて……」(22歳/大学生)

こういうケースは、社会人1年生でどちらかが挫折して、居酒屋で慰めてもらっているときに、酔っ払ってふいに恋に落ちて……気がついたらさわやかな朝で、どちらかの部屋にいて「昨夜、あたしたちエッチした?した?したの~?」というパターンでテレビドラマに描かれていたりしますよね。時間が恋仲を結ぶケースかもしれません。ベタですがほほえましいですよね。

5.よく留守電になる/メールの返信が翌日だ

「めっちゃかわいい“友だち以上恋人未満”の女友だちがいて、ぼくのなかでは100%彼女にしてみせる! と口説く気満々でいたんですが、夜、電話するといつも留守電だし、メールの返信も24時間以上経ってからだし、誰かとエッチして楽しいのなら、もういいかなと思います」(20歳/大学生)

夜の電話が留守電というのは、男子にとってみたらわりと意味深かもしれませんね。コトの最中に電話に出る猛者もいるみたいですが。

おわりに

いかがでしたか?
友だちのままで終わってしまうのは、男子が口説きづらいとか、口説いても先が思いやられるといったケースが目立ちましたよね。
友だちのままがいいのか、彼氏にしたいのか、迷っているのであれば、なにもしないで時の流れに任せてみるというのもいいかもしれません。あやふやな関係が長ければ長いほど、結ばれたときの達成感は大きいものです。結ばれなかったら、それはそれで青春の甘酸っぱい1ページということでいいのではないかと思います。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事