2013.12.03

鳴り響くシングルベル!「クリぼっち」にオススメの過ごし方・5つ


短かった秋から長い冬へと移り変わる12月。街はイルミネーションとクリスマスソングで溢れています。ギフト用の商品も一気に増え、見ているだけで「今年は何をプレゼントしようかな♪」とワクワクしますよね。
と、言いつつも、実はそれはほんの一部の人。あるアンケートによると、20代〜30代の独身男女の3人に2人はクリスマスを一緒に過ごすパートナーがいないのだとか。

そこで今回は、「クリスマスにぼっち=略してクリぼっちを楽しんだ経験がある」という女性への取材をもとに、「クリぼっち」の人にオススメなクリスマスの過ごし方を、ご紹介します。

1.イルミネーションを見に行く

「一人でイルミネーションを見に行きます。彼氏と見たらそれはそれは幸せだろうなあと思いますし、楽しそうなカップルを見て羨ましくもありますけど、やっぱり一人で見ても綺麗なものは綺麗なんですよ!」(19歳/フリーター)

「一人で見ても綺麗なものは綺麗」・・・そりゃそうです。彼氏と見るイルミネーションも、一人で見るイルミネーションも、視覚的にはなにも変わりはありません。大規模なイルミネーションが楽しめるのはこの時期の醍醐味。見られるのは今だけなので、「一人で行くなんて・・・」と思わずに楽しみましょう。そして、綺麗なものを素直に綺麗だと思える自身の純粋な心を、誇りに思ってください。

2.お正月準備

「年賀状を書いたり、おせちを作ったり、親戚の子にあげるお年玉を包んだり、年末年始の準備をします。クリスマスならスーパーとか銀行もそんなに混んでないんで」(25歳/メーカー)

日本人たるもの、やっぱりお正月は大事にしたいですよね。とはいえ、クリスマスに浮かれていては年賀状も間に合いません。心を込めて年賀状を書き、こだわりのおせちを作り、万全の準備でお正月に挑む。1年の締めくくりにふさわしいですよね。きっと来年も素敵な1年になるはずです

3.ネトゲで交流

「クリぼっちなら、やっぱりネトゲですね。クリスマスにネトゲやってる人って、絶対に非リアじゃないですか。普段ならあんまり交流しないんですけど、みんな仲間意識が芽生えるのか、結構楽しいんですよ」(24歳/販売員)

とはいえ、やっぱり誰かと過ごしたい…そんな寂しがり屋さんにオススメなのがオンラインゲーム。誰かと交流するにしても、SNSに頼ると、非リア仲間だと思っていた人が「イルミネーションなう」などと、仲睦まじい写真と共につぶやいていたりと、うっかり傷ついてしまうリスクもあります。でも、オンラインゲームならその心配はありません。仲間と共に、楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

4.妄想する

「好きなアニメのキャラクターを脳内で彼氏に設定して楽しみます。今年の彼は黒髪の無口でクールな水泳部。あんまりそういうイベントごとに興味のない彼だけど、私のお願いは何だかんだで聞いてくれて・・・みたいな(笑)」(21歳/学生)

彼氏がいたって、クリスマスが絶対に満足いくものになるとは限りません。プレゼントのセンスが悪い、段取りが悪い、などなど、特別で期待度も高いイベントだからこそ、がっかりすることだってあります。しかし、妄想の中なら理想のクリスマスを楽しめるのです。妄想は、すればするほど妄想力が強化され、より細かく鮮明な妄想ができるようになります。クリスマスに向けて、今から鍛えていきたいところですね。

5.クリスマスを満喫する

「世間はクリスマスで盛り上がってるんだから、一緒に盛り上がったほうが絶対楽しい!仕事帰りにクリスマスケーキのホールとでっかいチキンを買って帰ります。
そして、一人で喰らい尽くす!ホールケーキはでっかいスプーンでがつがついくと、あー楽しいって思えますよ。」(25歳/コンサルタント)

クリぼっちが寂しく過ごさなきゃいけないなんてことはもちろんありません。ケーキとチキンで、一人パーティーをとことんエンジョイしちゃいましょう!

おわりに

いかがでしたか?筆者は大学時代、クリスマスイブは夕方から学生の授業参加率が格段に下がるため、ガラガラになった大講義室で「みんな今頃、キャッキャしてるんだろうな」と思いながらおとなしく授業を受けたものです。クリスマスソングを聴くだけで寂しくなったり、街行くリア充に呪いを掛けたくなる人もいるかもしれませんが、一人でもきらきら輝くツリーは綺麗ですし、ケンタッキーは美味しいです。このクリスマスを乗り越えれば、来年はきっと素敵な一年になるはず!そう信じて、一緒に頑張りましょう!

(Sakura/ハウコレ)

関連記事