2013.12.06

東京ディズニーランドに学ぶ!「高リピート率女子」になるための4ヵ条


 みなさん、こんにちは! 作家・心理カウンセラーの五百田 達成(いおた たつなり)です。

 「デートに行っても、2回目につながらない」「出会いがあっても、たいていその場限り」そう嘆く女子は多いもの。いわば「恋のリピーター」を獲得できずに、つねに新規顧客を開拓している状態で、これでは、恋愛を発展させるのはなかなか骨が折れます。

 そこで、今回は「来場客の9割がリピーター」とも言われる東京ディズニーランド(TDL)をお手本に、「高リピート率女子」になるための4ヵ条をお教えします!

1.奥の深さ

 リピーターを獲得するためにまず大事なのが「奥の深さ」。TDLの中には、それはもう数え切れないほどのアトラクション、ショップ、スポットがあり、とうてい1日ではすべてを回りきることはできません。そのため、ここを訪れた客(ゲスト)は毎回、「あー、あのアトラクションに乗れなかった」「次回こそ、全部見て回るぞ!」と、名残惜しい気持ちを抱えてランドをあとにすることになります。

 同じように、1回のデートですべてをアピールし尽くそうとすると、飽きられてしまいます。焦らず、気負わず、小出しに魅力をアピールするようにしましょう!

2.ニュース発信

 次に見習いたいのが「絶え間ないニュース発信」。ちょっと目を離した隙に、新しいアトラクションやキャンペーンがスタートし、いつも話題が絶えないのもTDLの魅力のひとつ。前回の名残惜しい気持ちを忘れかけていた人も、そのニュースを目にすると、「お! そろそろ行かないと」という気持ちになる。そういう仕組みになっています。

 気になる人や、1回会って「いいな」と思った人とは、2回目のお誘いがなくても何らかの形でコンタクトをとり続け、「こんな趣味を始めた」「仕事でこんなところへ出張に行った」「最近、こんな人に会った」など、フェイスブックやtwitterなどでさりげなく情報を発信し続けましょう。でないと、多忙な彼からすぐに忘れられてしまいます。

3.現実に立ち返らせない

 「現実に立ち返らせない」雰囲気づくりも重要。TDLでは、立地条件や園内の行き届いた演出のおかげで、客が現実に立ち返る瞬間がないというのは有名な話です。ジェットコースターの上から、民家が見えて気持ちが覚めるということがないのです。ひとときたりとも魔法が解けることなく、夢見心地でいられるので、ついついクセになってまた来たくなります。

 同じように、デートの最中は仕事の話や難しい話はなるべくせず、楽しい時間を過ごすことに専念しましょう。アトラクション系のお店でデートするのも、最初のうちは効果的。結婚や年収といったリアルな話は、完全に彼が「あなたファン」になってからにしましょう!

4.コスプレ

 ディズニーランドでは、普段しないようなキャラクターカチューシャをしたり、ぬいぐるみをだっこしたりするのが定番。行き帰りの電車では少々恥ずかしくても、夢の国でならOK。その雰囲気作りこそが非日常感を高めてくれて、リピートにつながります。
 
 同じように、せっかくのデートですから、コスプレ感覚でデートファッションを楽しみましょう。ベタだろうと甘すぎようと、やったものがちです。ファッション誌に出てくるような、王道のデートファッションにトライしましょう。

五百田 達成からのメッセージ

 以上のことに気をつければ、きっとリピート率も上がるはず! 2回目、3回目とデートに誘われれば自然と自分を出すこともできますし、まじめな話もできるようになるはず。夢と魔法でリピーターを途切れさせない東京ディズニーランドを目指しましょう!
 
(五百田達成/ハウコレ)

関連記事