2013.12.08

「他のコとちょっと違う!」と思わせる!最強デートテクニック・5選


みなさん、こんにちは! 作家・心理カウンセラーの五百田 達成(いおた たつなり)です。

巷にはありとあらゆる恋愛テクニックが溢れています。いろいろ取り入れて活用するのはすばらしいことですが、みんなと同じことをしていては、ライバルに差をつけるのは難しいかもしれません。同じテクニックでも、普段とはちょっと違うシチュエーションで使うだけで、ぐっと効果的に見えたりするものです。こんなデートに誘えば、印象に残ること間違いなし。最悪、失敗しても「今回はイレギュラーだったからしょうがない」とあきらめがつきますよ(笑)。

1.立て続けに会う

「1度デートしたら、次は2週間ぐらいおいてから」というのが不文律。そこをあえて裏切って「昨日は楽しかったね。ところで、今夜、暇だったりしない?」と誘うのも、ときにはアリです。集中的にぐっと仲良くなることができますし、そもそも連日の誘いに応じる男性であれば脈ありの可能性が高いでしょう。

2.昼に会う

「とりあえず夕飯でも」が初デートの相場でしょう。ならばあえて、いきなり土日の昼間に誘ってみてはどうでしょうか? こちらとしても、よく知らない相手のために休日を費やすのはリスキーですが、初デートで「もしよかったら、昼間から会いませんか?」と打診してみるのは前向きな挑戦といえます。

3.みんなで会う

マンネリ化する前に早めに複数で会うのもひとつの作戦。まだ会って2回目ぐらいで「次回は私の友達カップルと出かけませんか」と提案すると、まるで自分たちはカップルとして出来上がっているかのようにお互いが錯覚し、ドキドキします。どちらかの友人を交えての3人デートも面白いでしょう。

4.オールする

最初のデートで盛り上がりすぎて、朝まで一緒に騒いでしまった経験は、2人にとって強烈な思い出となります。明け方に始発を待ちながら立ち食いそばでもすすれば、そこには戦友のような絆さえ芽生えるでしょう。きちんと終電で帰る、あるいはタクシーで帰るようになってしまったオトナには、「オールで遊ぶ」という興奮が足りないのかもしれません。

5.家に呼ぶ

最初のデートから「家にご飯食べに来ない?」と誘ってしまうのは意外と効果的。男性としてみれば日和りつつも、「行ってみようかな」と好奇心をそそられます。男性が同じことをするとなかなかに微妙ですが、女性の場合ならギリギリOKのウルトラCです。

五百田 達成さんからのメッセージ

世の独身男性も、基本的な恋愛テクニックについてはとっくに想定済み。とくにモテる男性ならば、これまでにたくさんの女性と出会ってきています。それでも彼らがパートナーを選べていないのは、そういった普通の女子たちに既視感を感じ、「結局どの子も同じ」とウンザリしているから。

男性があなたと話して、「おや、この子は他の子と違う」と驚き、「この子こそ、自分が選ぶべき相手だ!」と納得(錯覚)することこそが、決断の決め手になるのです。 

(五百田達成/ハウコレ)

関連記事