2013.12.23

クリスマス用に急いでゲットした彼氏と長く付き合う方法・5選


12月に入ると、お台場など夜景が美しい場所に、カップルが多数出没します。それを見ているシングル男女は、「私も(オレも)クリスマスまでに彼氏を(彼女を)つくらないと!」と焦りだし、手近なところでカップルが成立し、クリスマスが終わればバイバイ……という長い話のわりに短い付き合いだった……というのはよくある話です。
どうすれば、急いでゲットした彼氏とも長く付き合うことができるのか? 何人かの、なが~く付き合うことに成功した女性にお話をお聞きしてきました。
さっそくご紹介しましょう。

1.クリスマスを意識させない!

「もちろんイブを一緒に過ごして、なんならエッチしてもいいという男子を妥協的に選んだのですが、付き合っているうちに『離したくない!』と思ったので、あたしはお正月作戦と成人式作戦に出ました。
お正月に一緒に初詣に行く神社や、成人式のときの連休に一緒にドライブデートする場所を、クリスマス前に彼と決めておいたのです」(26歳・派遣社員)

恋に大切なことは「5分前行動」ではなく「5週間前行動」なのかもしれませんね。たしかにプランを決めてしまったり、予約してしまったりしたあとでは、キャンセルしづらいものです。

2.嘘でも趣味を彼氏と合わせておく

「クリスマスを過ぎても彼と一緒にラブラブでいたいと思うのであれば、嘘でもいいので、彼氏と趣味を合わせておくといいと思います。あたしはサッカーのことなどまったく知らないのですが(オフサイドってなに?)、彼はサッカー好きなので、一応、あたしもサッカーファンということにしておきました」(22歳・大学生)

これは「適当に」合わせておけばいいので、すぐにでもできそうですよね。だいたい趣味なんて勉強じゃないので、みんな適当にやっているものです。

3.過去の恋愛はどれも1年以上続いたとうそぶく

「過去の恋愛が3ヶ月と持たなかったと正直に自己申告してしまうと、やり逃げOKな女子に見られがちなんです。嘘でもいいので1年以上、交際が続いたと申告すると、ちょっとは大事にしてくれます」(23歳・フリーター)

これは、たしかにそのとおりでしょうね。安ぽい時計を見せられて「この時計は1,000円です」と言われるのと、「じつは10万円なんです」と言われるのとでは、見方がちがってきますもんね。

4.かわいいメールを送る!

「あたしはクリスマスを過ぎても、ずっとかわいいメールを送り続けました。そしたら25日の朝に別れてから音信不通だった彼氏から29日の夜に会おうってメールがきて、一緒に大晦日のカウントダウンをして……というかんじで、今、交際2年目です」(21歳・大学生)

メールって、基本、送り続けたほうがいいようです。恋愛勝者女子は、男子に「しつこい」と思われるかも……という恐怖心を克服して、たくさんのメールをしている……ということは、取材をしていてよく聞く話です。

5.お年玉はカラダであ・げ・る!(ハート)

「誰だってお年玉が欲しいじゃないですか? あたしはクリスマスのあとに、彼に『今度はお年玉をあげるから楽しみに待っててね!』と言いました。
で、お正月にあたしのカラダでお年玉を彼にあげました。彼、すごく喜んでくれて、今でもラブラブです」(20歳・女子大生)

こういうお茶目な方法は、かなり男心をくすぐるのだろうと思います。アレンジパターンとして、成人式のとき着物を脱がさせてね! というのも「あり」でしょう。「お代官様~」っていう例のあれ、男子はなぜかやりたいみたいです。脱がせたら着せられないくせに。

おわりに

いかがでしたか?
ほんのちょっとした工夫次第で、男心はどうとでもなるということですので、ぜひ諦めず、前向きに恋愛を楽しんでみてはいかがでしょうか。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事