2013.12.25

お誕生日からわかる!悩まされやすいコンプレックスとその乗り越え方

自分のこんなところが嫌…。人と比べて落ち込んだり、心に重くのしかかっているコンプレックスはありませんか?でもコンプレックスって実はあなたという人間の「個性」。嫌ったり違う自分になろうとするより、上手につきあっていくことが大切です。どんなコンプレックスに悩まされるかは状況や年齢によっても変わってきますが、お誕生日から一番根っこにあるコンプレックスとその乗り越え方がわかります。

生まれ日が1のグループ(生まれ日が 1日 10日 19日 28日) 

個性的で、新しいことに積極的にチャレンジしていく人です。ただ理想が高いためなかなか今の自分に自信が持てないでしょう。

<コンプレックスの乗り越え方>
上を目指せばキリがありません。まず今の自分に合格点をだし、その時できることに集中すると、誰にもまねできないあなたの個性が発揮できますよ。

生まれ日が2のグループ(生まれ日が 2日 11日 20日 29日) 

とても繊細で感受性の鋭い人です。そのため、周りに気を遣いすぎ、顔では笑っているけれど、心では泣いていることも少なくないでしょう。

<コンプレックスの乗り越え方>
人とつきあう時は、必要以上に自分を抑えず、ほどよい距離感を保つようにしましょう。そうすることであなたの癒し系の魅力が周囲の人を和ませるでしょう。

生まれ日が3のグループ(生まれ日が 3日 12日 21日 30日) 

怒ったり笑ったり、とても豊かな感受性の持ち主です。その分、感情の浮き沈みが激しく落ち込む時はとことん落ち込み、なかなか浮上できないところがあるでしょう。

<コンプレックスの乗り越え方>
自分なりのストレス解消法を持つなど、マイナスの感情に必要以上に引きずられないようにしましょう。そうすれば本来の社交性が発揮され、人気者になれるでしょう。

生まれ日が4のグループ(生まれ日が 4日 13日 22日 31日) 

責任感が強く意志の強い人です。ただ「こうあるべき」にこだわりすぎて批判的になったり、過剰に責任を負いストレスを抱えやすいところがあります。

<コンプレックスの乗り越え方>
「これもありかも?」という発想で見ていくようにしましょう。そうすればストレスを抱えることなく自分の目標に向かって着実にステップアップできるようになるでしょう。

生まれ日が5のグループ(生まれ日が 5日 14日 23日) 

束縛を嫌い自由を愛する人です。ただ飽きっぽいところがあり、常に刺激を求めるあまり、精神的に不安定になりがちです。

<コンプレックスの乗り越え方>
自分の部屋を居心地良くして落ち着ける場所を作りましょう。そうすると心のバランスが取れ、情熱的な魅力が輝くでしょう。

生まれ日が6のグループ(生まれ日が 6日 15日 24日) 

奉仕の気持ちの強い人です。ただ自己犠牲にはまりやすく、愛情に見返りを求め、それが得られないと虚しさに襲われるでしょう。

<コンプレックスの乗り越え方>
犠牲的に尽くすことはやめ自分が心からして楽しいと思える愛情だけを与えましょう。そうすることでより愛される存在となれるでしょう。

生まれ日が7のグループ(生まれ日が 7日 16日 25日) 

理知的で学習意欲が強い人です。ただ独りの世界にこもりがちなところがあり、孤独感を抱えやすいところがあるでしょう。

<コンプレックスの乗り越え方>
独りで好きなことをする時間を大切にしましょう。その上で、まず身近な人との関係を大切にしていくとバランスが取れていきます。

生まれ日が8のグループ(生まれ日が 8日 17日 26日) 

負けず嫌いで弱音を吐かず夢を現実にできる人です。ただ人にも自分にも厳しく、人の好き嫌いが激しい傾向があります。

<コンプレックスの乗り越え方>
自分の弱さやできないところを受け入れるようにしましょう。そうすることで人の弱さや痛みも受け入れることができ、人から一目置かれる存在になるでしょう。

生まれ日が9のグループ(生まれ日が 9日 18日 27日) 

誰にでも愛情を注ぐことのできる情の深い人です。でもなんでもOKになりすぎると八方美人に見られたり、周囲に振り回されやすくなるでしょう。

<コンプレックスの乗り越え方>
ここだけは譲れないといった自分のポリシーを持つようにしましょう。そうして人と接することで、本来持っている博愛精神をいい形で発揮することができます。

最後に

欠点と魅力はコインの裏と表のようなものです。自分では欠点だと思っているところが人から見たら魅力的に見えるということはよくあります。自分の傾向を知りバランスをとることで、もともとのあなたが持っている魅力が輝き出しますよ。

(ほしのえな/ハウコレ)

関連記事