2013.12.29

寒い冬は「ぬくい女」がモテる!男を引き寄せる風水メイク術


コンビニで前の人がおでんを頼むと待たされてガッカリですが、寒い冬は“あったか~いもの”がモテる時期。みんなが群がるような、「ぬくい女」になろうではありませんか!! 風水で“南”や“夏”や“火”のパワーを味方につければ人気度UP!

1.黒づくめにしちゃダメ!!

「まあ何にでも合うし」と思って買った結果、クローゼットが黒っぽくなっているあなた。とくに冬は上から下まで黒系、なんてことになっていませんか? ダメダメ!風水では黒は季節では“冬”の色であり、方位では“北”を表わす色。寒〜いこの季節に黒づくめな格好をしていると、「ぬくさ」のカケラもなくなってしまいますよ! 大至急どこかに色を入れてください。コートが黒系なら、ニット帽をカラフルな色に。髪の色も、冬場は夏よりも明るめにして、ちょっと赤みがかったブラウンにすると、「ぬくさ」がほんわ〜と高まって、恋の機運が高まります。

2.赤を使うときは緑とセットで

クリスマス・カラー? と思うかもしれませんが、赤と緑。「ぬくい女」になるには激おすすめです。というのも、東洋の五行では赤は“火の気”を持つ色で、緑は“木の気”を持つ色。火は木について燃えるので、赤は単色ではなく、緑とセットにして使うと「ぬくい度」が増すんです。とくに黒系の“水の気”を持つ色と合わせるときには、いきなり赤だけだと浮いてしまうけれど、緑とセットならば「黒(水)→緑(木)→赤(火)」と気がうまく巡って運気も活性化。2014年は「甲午」の年で、これから緑と赤のグッズがたくさん出てくるはずなので、うまく使ってみて!

3.頬紅はしっかり

デカ目に集中しすぎて、頬紅忘れてた…というあなた、いけませんね。先ほども言ったように、赤は“火の気”を持つ色。冬場には可愛いチークをどんどん使っていきましょう。夏場よりも一段、ピンク味の増したものがおすすめです。それからデカ目ももちろん大切なポイント。五行では“目”も“火の気”を持つものだとされていますから、目元クッキリ、涙袋ふっくら、頬紅ぽわわん、というメイクは「ぬくい度」抜群です。いろんなものが枯れ落ちる季節ですから、「アップする」力も大切。太陽を思わせるような、パッと上向きな放射状のまつ毛も印象を明るくしますよ。

4.口のまわりはキレイに

さて「ぬくさ」の最大のポイントといえば、やはり“笑顔”でしょう。なかでも大切なのは、口まわり。五行では、顔のパーツの中で“口”も“火の気”を持つものとされています。冬の寒さをとろけさせるようなキュッと上がった口元の微笑みは、男子をふらふらと引き寄せる、燃える暖炉のようなものだとイメージしてみてください。リップクリームを常備し、さらにグロスでぷるぷるにしておくのに加えて、盲点になりがちなのが、 “口まわりの筋肉”。笑顔の口の形の美しさは、まわりの筋肉のほぐれ具合で決まるので、よく喋り、マッサージをして、鏡チェックを!

5.メイク道具はバスルームから撤収を!

もしや毎朝、バスルームでお化粧していませんか? もしそうなら、今すぐにバスルームのメイク道具の撤収を!! 風水では基本、「メイクは南でする」のをよしとしています。これは南という方位が“火(美的なもの)の気”を持っているから。南は“美しく飾る”のによい方位なのです。それとは逆に、浴室は“水の気”が多いので、そんなところでメイクをしたら、水が美しい火を消して、ぬくいどころか「寒い女」になってしまうのです。浴室に置いてよいのは、化粧水やパックなど水分補給のものだけ。メイクの仕上がりチェックもお部屋の鏡でしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか? けっこう当たり前のメイク術じゃん? というツッコミはあろうかと思いますが、要は“どういうイメージを持つ”か。リップを塗るときに太陽を思い描き、夏のような笑顔をつくる…というだけで、メイクが変わり、まわりの反応も変わってきますよ♪☆

(マダム・プーパ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事