2014.01.02

どうする? 気になる店員さんへのアプローチ方法・4ステップ


ふとした瞬間に出会った、気になるあの人。でも、働いている場所も違うし、何よりいつもよくいくお店の店員さん……。もし何かあったら気まずいから、アプローチしづらい! 一体、どうしたら良いの? 今日は、そんな悩みを持つ人に向けたコラムです。

1.まずはあいさつから

あなたとその店員さんは、そもそも顔見知りでしょうか? ある程度お店に通っていれば、その人もあなたのことを覚えているはずです。ですから「こんにちは」でも「こないだはありがとう」でも何でも良いので、まずは一言二言の会話をかわすことから始めましょう。

長い会話を一度に交わすよりも、日を置いて何度も会う方があなたとしても気が楽でしょう。また、少しの会話であれば、どのようなお店にいる店員さんでも可能なはずです。

私の知り合いでも、店員さんの連絡先をゲットしてデートした人は、もれなくちょっとした会話を大切にしていたようです。いきなり連絡先を聞くのはハードルが高いですから、まずは顔見知りを目指しましょう。

2.連絡先を聞くには

「あなたのことが好きなので、連絡先を教えてください!」でうまくいくなら良いのですが、なかなか正直なコミュニケーションが結果に結びつきにくいのが恋愛です。特に、相手が仕事モードの時にあなたはアプローチしようとするのですから、いきなりプライベートな領域に深く踏み込むことは避けた方が良いでしょう。

どのような店員さんであれ、そのお店にある商品やサービスのプロです。であれば、その分野のことについて会話がはずむようになればしめたもの。相手の趣味にフォーカスした話よりも、あくまでお店の商品やサービスについての話をしてみてください。

そして、そのお店の商品やサービスについて分からないことがあった場合、メールで聞いてみても良いか質問してみるのです。あくまで前提はお店のことについて聞くわけですから、相手としてもお客さんの役に立ちたい!という思いはあるため、後ろめたさはありません。特にこの作戦は、アパレル等の固定客を持ちたい相手には効果的です。

3.少しずつプライベートな関係に

めでたくメールアドレスを交換できたら、最初は商品やサービスについての話をしましょう。それから、少しずつプライベートな話題にうつっていくのです。

相手に恋人がいないなら、いきなり2人きりで会うようなデートに誘うのは、ハードルが高いでしょう。ですから、仲間内での飲み会や合コン、イベントに招待するという形が最適です。それであれば、相手としても行きやすいはずです。

もちろん、距離感がかなり近いようであれば、いきなり2人きりのデートでも大丈夫です。

4.いざ告白の時!

さぁ、いよいよ告白のタイミングをあなたは迎えました。もうこの時には、相手がいつもよく行くお店の店員さんであろうと、ひとりの人としてあなたも認識できるでしょう。相手もあなたを
お客さんとしてではなく、ひとりの異性として考えてくれているはずです。

もしこの時になって、まだお店の店員さんとお客さんという関係を、雰囲気的に感じるのであれば。それはまだ、告白のタイミングではないでしょう。まだじっくりとデートを重ねる方がベター。相手はもしかしたら、打ち解けるのに時間がかかるタイプなのかもしれません。また、あなたの中に「この人はお店の店員さんだから」という考えがあれば、相手もそれを感じ取ります。
秘訣としては、あなたが彼とプライベートな間柄であるなら、どんな雰囲気やテンポで話すかをイメージすることです。そしてそのイメージ通りに、彼と接してみましょう。そうすれば、少しずつでもふたりの距離は近づいていきます。

おわりに

「もしフラれたらどうしよう!」と考える人も、いるかもしれません。そういう人は、フラれた場合にどうなるかの、最悪の事態を想像してみましょう。そして、それが自分にとって大丈夫なリスクの範囲だと分かれば、どんどん行動できるはずです。

もし、大丈夫でないリスクの範囲であれば、あきらめるか「その時に考える!」と腹をくくりましょう。1番厄介なのは、行動するかしないか決めていない状態です。

出会いを様々な場所に求めることができるのは、優れたアンテナがあなたにある証拠です。普段利用していたお店の店員さんと、結婚した例も知っています。ですので、もしあなたが相手に何か縁を感じるのであれば、気軽にチャレンジして欲しいというのが私の本音になります。

(今井翔/ハウコレ)

関連記事