2014.01.10

男子が嫌う「重い女」を脱する方法・5つ


「私ヤリマン! 二股も三股もOKだし、楽しけりゃどんな恋愛もバッチ来~い!」という女性は別として、誰でも一度は「自分、重い女かも……」と思った経験があることでしょう。大抵の男性が面倒くさがる重い女。分かってはいるものの、彼のことが好き過ぎると愛情の押し売りをしてしまいがち。しかし、重い女に明るい未来はありません。重い女を脱するためにできることを一般女性の意見をもとにご紹介いたします。

1. 恋愛以外の楽しみを見つける

「重い女は恋愛が第一になってしまっています。なので、恋愛以外に夢中になれる楽しみを見つけると少しは重さが軽減されると思います。私はカメラが趣味なので、綺麗な景色を撮りに行ったり、好きな写真家さんの個展に行ったりと、彼に会う日以外の休日を趣味に費やして楽しんでいます」(25歳/不動産)

夢中になれる趣味があると生活に潤いが出ます。彼のことを想って悶々としているときは、その気持ちを全部趣味にぶつけてみましょう。

2. 女友達と遊ぶ

「やっぱり女友達と遊んで、話すのが一番です。ストレス解消になるし、何より自分が悩んでいたことが実はたいしたことじゃなかったと判明してスッキリすることも。彼を優先してばかりだと、女友達とも疎遠になってしまうので、女の友情を大切に!」(26歳/金融)

女には女同士でしか分かり合えない話題もたくさん。また、彼とばかり一緒にいては成長できません。社会人になると、友達と都合がつく日が少なくなってしまいますが、だからこそ貴重な時間を有意義に使え、恋愛以外の話で盛り上がることもできそうです。

3. 結婚や将来のことへの言葉は御法度!

「男性にとって、結婚や将来の話は責任も覚悟も伴う重~い話題。どんなに結婚願望があろうとも、この言葉を口にしただけで男性は引いてしまいます」(23歳/公務員)

女性はわりと物事を現実的にとらえ、大好きな彼と将来一緒に生活したときのことを気軽に考えるようになります。一方、男性にとって「結婚は墓場」と揶揄されることもあるくらい、慎重になってしまうもの。結婚を焦る気持ちは分かりますが、彼を急かせば急かすほど重い女と成り果ててしまいます。

4.彼に選ばれた女だと自信を持つ

「重い女だった頃、『私のこと、本当に好き?』と彼に愛の再確認をしてしまっていました。でも、何度もそう問われるのはウザいに決まっています。彼も好きだから自分と付き合っているわけだし、そういうセリフを言わないためには、自分は彼に選ばれた女だと自信を持つことが大事です」(27歳/医療)

例え、自分から告白をした相手であっても付き合うと決めて受け入れたのは彼の方です。卑屈になる必要はありません。

5.仕事や勉強を頑張る

「恋愛と同じくらい、仕事や勉強を頑張れば自分のためになるし、彼は気が楽になるしで一石二鳥!」(22歳/IT)

仕事や勉強を頑張れば、恋愛とのメリハリがつきます。また、重い女を卒業できるだけでなく、彼は努力するあなたを尊敬するでしょう。

おわりに

いかがでしたか?上記をしっかり頭に入れ、男性が思わず追いかけたくなってしまうような女子を目指しましょう!

(姫野ケイ/ハウコレ)

関連記事