2014.02.03

このままじゃセックスレス?!エッチの回数を増やす方法・5つ


セックスって付き合いはじめの頃は回数が多いものの、1年くらいかけてなだらかに回数が落ちて行き、ほっておくと付き合って3年を目処に徐々にセックスレスに突入します。セックスレスの時期が長くなると、どうやってセックスを再開していいのかお互いわからなくなりセックスレスの期間が永遠に続くことになります。
なぜ彼はセックスの頻度を増やそうとしないのか?それは、今日は明日早いから、疲れているから、など様々な理由で、最後までセックスができるか自信がないからなんです。もし最後までできなかったらカッコ悪い、そういう姿を見せたくないと思うと、わざわざやらなくても…という思考回路になっちゃうんです。
ここでは、彼がしたくなるような雰囲気を作り、セックスの頻度を増やす方法をご紹介します。

1.洋画をみる

洋画で出てくるカップルや夫婦は、付き合いが長くても、結婚して子供がいても、割とイチャイチャしていますよね。照れ屋な日本とは文化が違うから、ともいえますが、デートのときなど、日頃から恋愛ものの洋画で、外国のカップルや夫婦の姿、恋愛感を見せることで、連れ添った彼女と定期的にセックスし、彼女を愛することが自然なこと、それがかっこいいこと、という価値観を植え付けることができます。

2.終わったあと『またしてね』と言う

セックスしているとき、どうしても女のほうに『やらしてあげてる』感覚があると、付き合って初期の欲望が強い時期が過ぎたら、まーそこまで無理してやらなくても、という気持ちに彼もなってしまいます。あなたがセックスできて嬉しいということを彼にわかってもらい、セックスは共同作業だよ、ってことを彼に認識させるとセックスの頻度は自然と上がって行きます。

3.料理にすっぽん、うなぎの粉などをまぜる

男性に好かれたいなら胃袋をつかめ、って言葉があるように、物理的に精力がつくごはんを作ってあげましょう。お酒を飲む時に、お湯割りにして粉を混ぜてあげてもいいでしょう。バイアグラなどの化学的な薬品は健康的ではないので、精がつくと言われている食品か漢方薬にとどめておきましょう。また、部屋をムスクの香りにすると神秘的な香りで性欲がわくと言われています。

4.1日一回は彼の話しを聞く時間を設ける

彼に共感するというのは、心の結びつき的にとても大切なことです。ストレスはインポテンツの原因にもなります。男性がストレスが強い時ほど、あなただけは彼の絶対的な味方であり、応援者だということを認識させましょう。1日一度は彼の話を聞く習慣を持っておくと日々の彼の心の動きがわかります。心の結びつきは、体の結びつきにつながります。

5.一緒にジムにいく

人間の身体能力は25歳からがくっと落ちると言われていますが、ほんとうは、適度な運動をしていると、身体能力の落ち方はなだらかです。体力が落ちると当然疲れやすくもなります。そういうわけで、一緒に運動する習慣をつけましょう。スポーツを取り入れたデートで、さりげなく彼のセックスをサポートできるのです。

おわりに

いかがだったでしょうか?男性は、仕事が忙しくなり責任あるポジションを任されたりすると、過度にプレッシャーを感じたりストレスを感じたりして、彼女がいてもセックスをしている場合ではないような気分になったりもするものです。
しかも、久しぶりにセックスしたとき、中折れ→彼女に『わたしに魅力がないせいだ』と落ち込まれる→彼が言い訳する→お互い気まずくなる
なんてことになると、もう次セックスしようなんてお互いに言えなくなってしまいますよね。彼に潜在的に彼女とセックスしたほうがかっこいいと思いこませ、心も体も健康でいられる状態を作ってあげられるとセックスの頻度は自然と増えて行くものです。
是非、試してみてくださいね。

(内野彩華/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事