2014.02.06

イラっとさせてない?男性が思う「女子のココがイヤ」ポイント・4つ


女性にとっては当たり前で、友達同士なら気にならないことでも、男性にとっては意外とイラッとくるポイントだったりすることは少なくありません。
そんなつもりじゃないのに、気付かぬうちに彼を不機嫌にさせてしまった…なんてことのないように、今回は女性のよくやってしまいがちだけど、男性にとってはNGなポイントと、それを解消するテクニックをあわせてご紹介します。

1.出かける準備が遅い

男性に比べて、女性は出かける前に色々やることがありますよね。その分準備に時間がかかるのはわかるんですが、だからといって男性を待たせるのはNGです。
旅行に行ったときや同棲し始めのとき、一緒に「さぁ出かけよう」ってなった時に、準備に時間がかかってしまうと、男性は無駄な時間を待たなくてはならず、面白くないもの。
自分が支度に時間がかかるのをわかっているなら、先に準備を始めて、相手の男性が支度し始めるころには、自分はあと洋服を着るだけぐらいの状態にしておきましょう。例えば、着る服は前日のうちに「もし寒かったら」「雨だったら」という状況も含めて3パターンぐらい考えておくこと。また、ヘアセットも、前の日にお風呂上りの時点でブローして、アイロンでキツめに巻いておけば、次の日のセットも楽になりますよ。

2.いつも女子会ばかり

男性って、男同士で自分の彼女の愚痴を話したりすることはほとんどないですが、女性は集まると恋バナか付き合ってる彼氏の話題になりますよね。
男性にとっては女子同士の会話って「集まってどんな話をしてるんだろう」「ダメ出しとか悪口を話してるのかな」と不安材料になるもの。
それが悪い方向にこじれて、あなたの「友達とお茶してきた」が彼の中で「どうせまたオレの愚痴言ってきたんだろ」なんて自動変換されちゃうようになってしまったら大変ですよね。
時には外で女子会をするより、自宅で簡単なホムパを開いて、普段のあなたと友達とのやりとりを彼の目の前で見せてあげるのも大事です。
そうすれば、彼も「友達とは普段こんな付き合い方をしてるんだな」とか「こんなこと話してるのか」っていうのがわかって安心できますよ。

3.雑誌やメディアの影響を受けすぎる

女性は男性に比べて、流行に乗るのが好きな傾向にあるわよね。最近のパンケーキとかポップコーンのブームなんてのもそうじゃないかしら。メディアで紹介されてる流行りのデートコースとか、カップルイベントに憧れたり、雑誌そのままのファッションをしたり、流行を追うことは新しいことを体験することでもあるから刺激的だけど、それに興味のない男子からすれば、それに付き合わされるのは「振り回されている」ように感じるのよね。いつの時代も「芯のある女性」はステキ。時にはゆっくり立ち止まって、流されない自分を見つけてみましょう。

4.「普通」は禁句

家庭や恋人同士の関係の中で、「普通は」っていう単語を持ち出すのは危険です。
普通っていうのは世間一般のものさしなので、周りと比べてしまうんですね。
パートナーとの会話をする時は、周りと比べるのではなく「私」と「あなた」で話しましょう。
「ゴールデンウィークなんだから普通はどこか出かけたりするよね」って言うよりも、「せっかくのゴールデンウィークだし、私は旅行とか行きたいなと思ってるんだけど、あなたはどう?」って言う方が、相手にも気持ちが伝わりやすいですよね。
相手に何か伝えたいときは、「普通は」と取れてしまうような、そして周りと比較しているような言い方をしてしまわないように、気を付けてみてくださいね。

吉井奈々からの愛ある毒のメッセージ

出かけるときに見た目をキレイに整えたり、「一緒にこういうことしたい」って伝えたり、ここで紹介した二つとも、本当は彼と素敵な時間を過ごしたいと思ってるからこそ出てくる行為なんですよね。だけど、好きだからやってるはずの、よかれと思ってやった行動が、彼にとっては嬉しくないものになってしまったら逆効果。
ご紹介したテクニックは、そんな裏目に出ないようにするためのテクニックです。
彼との関係を素敵に保つためにも、ぜひ実践してみてくださいね。

(吉井奈々/ハウコレ)

関連記事