2014.02.18

駆け引きは逆効果?!シャイな男性をメロメロにする方法・5選


オラオラ系の男性もいいですが、シャイでおとなしい男性が気になることはありませんか?でも、あなたが気になったからと言ってはじめからガンガンアプローチをかけるのは逆効果です。今回は、シャイな男性があなたにメロメロになり、彼から「つきあってほしい」と言わせるために女性がすべきことを、5つをご紹介します。

1.彼の24時間の動きを把握する

番号交換をし、メールをバラバラの時間帯に送ってみて彼の返事がかえってきやすい時間を探ります。だいたい朝、昼の12時前後、夕方、深夜と、1日一回目標で、日々ランダムな時間帯にメールを送り、彼が何時頃起きて、何時くらいまで仕事をし、どのくらいの時間帯が忙しく、そして暇で、だいたい何時くらいに寝ているかを把握するんです。暇な時間帯とか、寝る時間帯がわかれば、その時間帯に合わせてメールを送ればいいです。あんまり長いメールはNG。「焼肉食べたよー」とか「今映画みてたら〇〇くん思い出したよー」とか彼が寝る時間を見計らって「そろそろ寝る、おやすみー」とか短文メールがいいです。

2.すぐ返信を心がける

シャイな男性というのは自分に自信がないんですね。だからシャイになっちゃうんです。そういうわけでメールを送ってからの返信が遅いと「オレにどうせ興味はないよね」となり、「オレもはじめから興味なんてなかったし」となり、あっさり終わってしまいます。なので駆け引きはもってのほか。返信の速さは、その人に対する好意の現れだと言います。ずっと携帯とにらめっこしてる必要はありませんが、気づいたらなるべくすぐ返信を心がけましょう。

3.聞くときのリアクションを大きくする

シャイな男性は、自分からはあまり話しません。自分が話し下手だと思ってるからです。そんな彼の話にすごく楽しそうに耳を傾けて、「それでそれで?」と興味シンシンな女の子がいたとしたらどうでしょう?きっと嬉しくなっていっぱい話しますよね。自分の心のうちを打ち明けてしまうと一気に親近感がわきます。そしてその女の子のことをますます好きになっちゃうものです。シャイな男性に、聞き上手は効果抜群です。

4.つっこみどころ満載の言動で安心感を

シャイな男性は自分をよく見せようと緊張するあまり、「もしこれをやってかっこ悪いと思われたら…」「失敗したら恥ずかしい」という思いがあるため、萎縮してしまいがちです。あなたが先にかっこ悪い姿をみせると安心します。くしゃみでも、ずっこけるでも、天然の会話でもなんでも構わないです。つっこみどころ満載の言動は、人を安心させリラックスさせます。

5.隙だらけの言動で誘いやすい環境を

シャイな男性は「女性を口説いて失敗する」なんてことを一番恐れています。気に入ってる女性でも、100%オッケーと確信しない限り口説くことはありません。というわけで露骨に好き好き発言や、好き好き言動をしたほうがいいです。ただし、「エッチしよー」などのセックスしよう発言は絶対禁句です。シャイな男性は自分に自信がないので、オレとセックスしよーということは他の誰にでも言ってるんだと、自分もあなたも低く見積もりをはじめてしまう傾向にあるからです。

おわりに

シャイな男性というのはプライドが高いからこそ、失敗を恥ずかしいと感じ、恐れる傾向にあります。なので、相手の女性が「Yes」と言ってくれる確信が持てないうちはアプローチはほぼしてきません。なので、あなたから「セックスしよ」発言は絶対に禁句だと言いましたが、逆に彼から誘われたときは二つ返事でオッケーしましょう。その誘いは彼にとって大きな決断の上にあるのです。女性がもったいぶったり迷う素振りを見せると彼は自信をなくします。

とは言いながら、シャイな男性は無口に見えたり、怒ってるように見られたり、嫌っているように見られたりするので世の中的には案外モテません。やはり大半の女性は、上げ膳据え膳でわかりやすく好意を示してくれる男性が好きなようです。そういうわけでシャイな男性は、競争率は低く狙い目です。いざ付き合うようになった後も大切にされます。彼が口説いてくるまでは、受けの姿勢で彼にだけお手軽感を演出していましょう。

(内野彩華/ハウコレ)

関連記事