2014.02.20

「手もつないだのに・・・」思わせぶりな彼を振り向かせる方法・5選


みなさん、こんにちは。コンサルタントの木村隆志です。

「草食系の男性が増えた」と言われてから数年が過ぎましたが、日々コンサルをしていて気付くのは、「根っからの草食は少なく、肉食を内に秘めた男性が多い」こと。そういう男性ほど、思わせぶりな態度を取って、女性を戸惑わせる傾向があります。

今回は、「何度かデートしたのに」「手をつないだのに」「ウチに来たのに」、恋人同士になれないという女性のために、彼を振り向かせる方法を紹介していきます。

恋愛観をシンクロさせる

男性が目の前の女性に対して肉食になり切れないときは、必ず何かしら「ここがちょっと……」というマイナスポイントを感じているものです。そのマイナスポイントを手っ取り早くカバーするのは一体感。「何かこの子は気が合うな。微妙なところはあるけど、まあいいか」と関係を進めようとします。

あなたが彼としたいのは恋愛である以上、一体感を抱かせるトークテーマは恋愛。すなわち、恋愛観にまつわる話を振った上で、「私もそう思う」「同じだね」などとシンクロさせていきましょう。

キャラをハッキリと変える

最も即効性が高いのは、印象を変えること。ヘアメイク・服・小物などの見た目、表情・姿勢・仕草などの振る舞いを大きく変えることで、「あれっ、こんなタイプだった?」「思っていたよりイイかも」と印象が一変する可能性が生まれます。

本当に彼を振り向かせたいのなら、思い切って変えること。このまま何もしなければ、「思わせぶりな態度”でしか接してくれない」ことは、すでに分かっています。つき合いはじめたら元の自分に戻せばいいので、少しの期間だけキャラチェンジしてみてはいかがでしょうか。

彼のタイプをリサーチし直す

思わせぶりな態度を取る彼は、言わば八方美人。ふつうに声をかければ、会う機会を作れるし、さまざまなテーマで会話することもできます。

そこでぜひ話題に選んで欲しいのは、好みのタイプ。たとえば、ドラマや映画の話題をたくさん振って女優の好き嫌いを聞いてもいいし、女友だちの話をしてどう思うか聞いてもいいでしょう。それを聞いたら“彼に見せてきた私”と比較して、“私に足りなかったところを改善する”だけでも、彼の印象は変わるものです。

ただし、彼に「この子、オレのタイプを探っているな」と気づかれないように注意。思わせぶりな男性は、「明らかに狙われている」と感じると距離を取りたがるので、何気ない会話の中で探っていきましょう。

近づきつつ、触れさせない

思わせぶりな男性は、意外にスキンシップが好き。頭をなでたり、手をつないだり、ハグしたり、「これくらいしてもいいだろう」と思うレベルはそれぞれですが、とにかく触れたがります。

思わせぶりな態度から一歩進ませるためには、“寸止め”すること。“恋人同士の距離感まで接近しつつ、一切触れさせない”という状態が、男性にとって最も「彼女に触れたい」と感じるときであり、二人の関係を進めるチャンスなのです。

デート当日は、ほどよく振り回す

会う約束をするときは、彼の好みに合わせた方が実現しやすいものですが、デート当日は彼に合わせない方がベター。彼に「これがいいな」「一緒に行ってくれる?」などと、ほどよくおねだりして自分のペースに巻き込みつつ、「ありがとう」と伝えることで、彼に小さな達成感を抱かせましょう。

彼の思い通りにさせすぎていると、思わせぶりな態度は変わりません。自分が振り回す、はぐらかす側にまわった方が、彼の気持ちを揺さぶることができるのです。

「最初だけ」と割り切ろう

最後に、思わせぶりな態度を取る男性たちのホンネを書いておきましょう。

主な声としては、「恋人として見ると不満なところがある。好きになり切れない」「ただ、メールのやり取りやデートなど、恋人同士の気分は味わいたい」「寂しいから、自分に好意を持ってくれる感じのいい子といると安心する」の3つ。

「なんて身勝手な!」と感じるところですが、思わせぶりな男性の大半は精神的に幼いところがあるもの。コンサルタントとしては、あまりおすすめしませんが、もし好意を持ってしまったのなら、「最初だけ」と割り切ってコントロールしてしまいましょう。

一方、絶対にやってはいけないのは、“彼に不満をぶつける”こと。彼に「どういうつもりなの?」と軽く怒ってみても、「恋人同士でもないのに怒られても困る」と言われて、嫌な思いをするだけです。

(木村隆志/ハウコレ)

関連記事