2014.02.27

親密度アップ!二人の仲を縮めるスキンシップ・5選


彼氏や好きな人ができたときって、「彼ともう少し距離を縮めたいけど、どうしたらいいんだろう・・・」と悩んでしまいますよね。言葉や態度で好意を見せたり駆け引きしたりするのも大事ですが、やっぱり一番の特効薬は「相手に触れること」。奥ゆかしさを保ちつつも、彼を確実にキュンとさせるスキンシップ術をお教えします。

1. 指相撲

「後輩に『指相撲しませんか?』って誘われたときはドキッとした。女の子の手って華奢ですべすべで、ちょっと触るだけでも幸せな気持ちになれるのに、指相撲なんてガッツリ触れるからかなり嬉しかった。」(20歳/大学生)

女性の手指は、かなりの武器。男性は、その細さと触り心地の良さにメロメロになってしまうそう。「よく話すけど、手を繋げるような関係じゃない・・・」そんな、近いけど遠い存在の彼に使いたいテクニックです。指相撲の目的は、勝つことではなく触ることにあるので、くれぐれも本気を出し過ぎないように注意。

2. 服をつかむ

「後ろから服をつかむのってベタだけど、すごい好き。袖とか二の腕あたりをつかまれたい!」(27歳/飲食)

保護欲が掻き立てられるのか、男性人気がとても高いテクニックです。人ごみの中は大チャンス!すこし後ろを歩き、指先でさりげなくつかんじゃってください。腕やカバンではなく、服をつかむというのがポイント。どことなく恥じらいがあるのが良いんだとか。

3. 話しながら太ももを触る

「あくまでも『話しながら、自然に触る』っていうのがポイント。セクシーに撫でられたりするとちょっと怖いので・・・。『あ、ずっと手置いてた!ごめんね!』って言いながらちょっと焦るくらいが良いな。」(26歳/広告)

お互いちょっと酔いがまわってきたときに使いたいテク。彼との現在の関係性に応じて、太ももの外側を軽く触るべきか、大胆に内側まで手を伸ばしてみるか判断してみてください。奥手な彼氏をエッチに誘うのにも使えそうです。

4. 首から上を優しくタッチ

「ほっぺ・耳・頭あたりは、軽く触られただけでもかなりドキッとする。がっつり撫でまわされたら逃げるけど、いたずらっぽい感じで優しくタッチされたら絶対意識しちゃう。」(23歳/大学院生)

「躊躇なく触れるくらい仲は良いけど、なかなか恋愛モードにならない」という相手に使いたいテクニックです。『ほっぺ赤いよ、酔ってる?』と言いながら指先でそっとほっぺを触ってもいいですし、『寝癖できてるよー』と笑いながら髪を手でぽんぽんするのも効果的。初対面の相手にこれをやってしまうと、「馴れ馴れしいな・・・」と引いてしまうこともあるので要注意です。

5. 背中から抱きつく

「わかりやすく『好きすぎてしょうがない!』って感じが伝わってきてすごく愛おしい。」(24歳/メーカー)

甘えベタな女性でも頑張ればチャレンジできるテクニック。相手の顔を見なくて良いので、あまり緊張せずトライすることができるはず。ぴたっと寄り添っても、ぎゅーっと力任せに抱きついてもOK。より自分の気持ちが伝わりそうな方法でくっついてみてください。

おわりに

彼のことは大好きなのに、なかなか関係が発展しないのであれば、あまり悩まずにとりあえず触ってみましょう。きっと想いは伝わるはずです。

小嶋もも/ハウコレ)

関連記事