2014.02.28

意外と見られてる?男性が彼女の部屋で密かにチェックしているポイント・5つ


カーテンやソファの趣味、家電やキッチン小物のチョイス、漂う香り……部屋に入れば、ある程度、その人の「人となり」がわかってしまいますよね。自分の部屋に、初めて彼氏を家に招き入れるとなれば、お掃除にも一段と気合いが入ると思います。

でも、ちょっと待って! 本当にお掃除だけで大丈夫なのでしょうか? 彼女の部屋を訪れたときに、密かにチェックしているポイントを男性たちに聞いてみると、こんな答えが返ってきました。

1.ニオイ

「まずは部屋に入った瞬間のニオイ。いい香りがすると“わー、女の子の部屋だぁ”って高揚感に包まれる。あれは、男の部屋では絶対に味わえないから。生ゴミのニオイなんかしたら帰りたくなる」(27才/会社員)

自分では意外と気づきにくいのが、部屋のニオイ。来客前には、十分な換気と消臭グッズでニオイ対策しておきたいところです。お香やアロマキャンドルを使うのもアリですが、香水同様キツすぎるのはNGで、「食事中も焚きっぱなしは勘弁して」という意見もありました。

2.冷蔵庫の中身

「彼女が冷蔵庫を開けた瞬間、缶チューハイが大量に並んでるのがチラっと見えて。どんな生活してるんだ? って不安になった」(30才/公務員)

食生活をうかがい知ることのできる冷蔵庫の中身は、やはり気になるよう。「ある程度、食材が入っていると、ちゃんと自炊してるんだなと安心する」「冷蔵庫を開ける度に、野菜が腐ったようなニオイが漂ってきて引いた」という意見も。

3.水回り

「洗面台に髪の毛が散らばってたり、風呂場にカビがビッシリだったりすると、自分の部屋かと思う」(28才/IT系)、「ついつい、男物の歯ブラシや洗面道具がないかは見てしまう」(30才/飲食系)

男性の多くは、「女性の部屋=キレイ」というイメージを抱いているもの。そこを裏切られたときのショックは測りしれません。また、ブルーの歯ブラシやメンズ洗顔料、昔ながらのT字カミソリ、シェービングフォームは火種のもと。処分しておきましょう。

4.ぬいぐるみ数

「ぬいぐるみだらけの部屋はキツイ。二人で暮らしたら、こいつらも一緒についてくるのかと思うと先が思いやられる」(28才/会社員)

女の子らしいアイテムの代表格「ぬいぐるみ」。とはいっても、ベッドやソファ、トイレにまでズラーッと並んでいては、確かに落ち着きません。所持数は、多くても1~2コに抑えておきたいところです。

5.壁の薄さ

「壁の薄さ。薄い部屋は、いろんな意味で嫌だ」(27才/会社員)

彼女の部屋に呼ばれたら、それなりのことを期待してしまうのが男性。隣の部屋から、話し声や物音が聴こえるということは、自分たちの声も筒抜けということですから、いろいろと支障があるのでしょう……。

おわりに

いかがでしたか? 男性にとっては、オシャレな家具や家電よりも、清潔感と適度な生活感、そして、他の男の影が無いかが重要ポイントのよう。お部屋作りの際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(斉田直世/ハウコレ)

関連記事