2014.03.22

パス出し上手になる!男性から連絡先を聞いてもらうテクニック・5つ


みなさんこんにちは! 漫画家で恋愛コラムニストの斉田直世です。

「連絡先教えて」「飲みに行こう」「付き合おう」などのセリフは、できれば男性から言ってほしい、と願うのが女ゴコロ。合コンなどの出会いの場で、連絡先を聞いてこない男性に対しては、「あ、私に興味がないんだな……」と判断し、それ以上のアプローチを諦めるという人も多いのではないでしょうか。

しかし、昨今増殖中の、恋愛にガツガツしない男性たちのことを考えると、彼らも何となく連絡先を聞くキッカケが掴めずにいるのかも……という、かすかな希望も捨てきれません。これは、私たち女の方から、上手くパス出しするしかないでしょう!

連絡先と一口に言っても、出会って間もない頃は、直接話さなければならない電話より、メールなど文字でのやりとりの方が、お互いのペースで送信し合えて気楽ですよね。そこで今回は、男性から連絡先を聞いてもらえる会話の流れを5つご紹介したいと思います。

1.まずはSNS

メアドや電話番号にこだわらず、まずはSNSで繋がるというのもアリです。「Facebookやってます?」と聞けば、意外と簡単に「友達申請」までいけるもの。FacebookやTwitter内にもメール同様、個人宛に送れるメッセージ機能がついていますから、これを活用しない手はありません。

2.写真を撮る

「はい、みんな撮るよー」と、全体写真を撮影したら、まずは女の子宛にメールやチャットアプリを使い画像を送ります。それを見た男性から、「オレにも送って」とお願いされたら、連絡先交換のチャンスです。また、目の前のお料理の写真を撮って、「いまFacebookでアップしたよ」と言えば、これもSNSで繋がるキッカケになるでしょう。

3.携帯の話題

相手が携帯を出したら、「どこの機種?」「そのストラップ(スマホケース)何?」と、すかさず質問しましょう。お互いの携帯が手元に出ている状態を作れば、ついでに連絡先交換しようか、という流れにもなりやすいです。

4.食事の誘い

飲食店や話題のスポットの話が出たら、「食べてみたーい」「行ってみたーい」と言いましょう。これは、男性にとって分かりやすい“お誘いOK”のサイン。「じゃあ、今度一緒に行こうよ」と誘われれば、連絡先交換の必然性が出てきますよね。

5.合コンをエサに

それでも食いつかないようなら、他のエサ! 「また違うメンバーで、合コンしましょうよ」と誘えば、「じゃあ、連絡先交換しとこうか」という流れに。メンバー招集やスケジュール調整など、何かと連絡を取り合うことの多い幹事同士は、自然と仲良くなりやすいもの。後々になって、恋愛感情が湧き起こる可能性もゼロではありません。

おわりに

いかがでしたか? SNSユーザーの増加に伴い、連絡先交換も、以前よりだいぶラクにはなりましたよね。しかし同時に、初対面の相手に対して、自分の過去を一気にさらけ出してしまうリスクも出てきました。気になる男性と繋がる前には、元カレとの思い出や恥ずかしいポエムなど、SNS上の身辺整理もお忘れなく。

(斉田直世/ハウコレ)

関連記事