2014.04.02

登下校も恋のチャンス!自然と電車で男心を掴む4つの方法


大学に行く時、職場に行く時、多くの人が「電車」を使いますよね?特に同じ学校だと、同じ電車を使う人が多いので、偶然(わざと?)気になる彼に電車で会うこともあります。
なので「大学ついたらメイクしよー」と思って、ノーメイクでぬぼーっと電車に乗っていると痛い目にあうことがありますよ!メイクは家でするとして、そんな電車での出会いは、実は彼の心を掴むチャンスでもあります。ちょっとした仕草で彼をドキっとさせてみませんか?

1.満員電車で距離をつめる

「朝のラッシュで電車が混んでると、どうしても距離が近くなるから、なんとなく意識しちゃう。しかも上目遣いで話しかけられると、どうしたらいいのか分からなくなる。」(18歳/学生)

満員電車も使いようです。距離が縮まると、今まではなんとも思っていなかったのに、何故か意識してしまうことはありますよね。電車が混んできたときは、向かい合わず、隣に並ぶようにしておきましょう。向かい合って近づきすぎると、ちょっと違和感がありすぎて警戒されてしまいますからね。

2.揺れたときに咄嗟に掴んでくる

「ボディタッチが嫌な人はいないと思う。飲み会とかで触ってくるのは嬉しい反面わざとらしさも感じるけど、電車が揺れたときとかだったら仕方ないし、そのあと照れてたりしたら可愛いなーって思っちゃうかも。」(22歳/学生)

ボディタッチでドキっとさせよう!とは言われても、いつどんなふうにしたら良いんだ?!とパニックになっていた方に朗報です。電車なら揺れてバランスを崩してもわざとらしさはありません。揺れることは多いです、つまり、ボディタッチのチャンスもたくさん転がっているということです。意識しすぎて不自然なバランスの崩し方にならないよう注意してくださいね!

3.あいた席をポンポンとする

「彼女の隣の席が空いたとき、座ろうか迷っていたら、笑顔で椅子の席を手でポンポンって叩いた仕草はかわいすぎた!気を使ってくれたことも嬉しかったし、さりげないけど好意を持ってくれてるのかな?とか色々考えちゃった。」(20歳/学生)

女子ならではの気遣いが垣間見える仕草ですね!「座りなよ」と言葉で伝えるよりも、仕草で示した方が可愛げや優しさが感じられるので、男心をつかめるかもしれません。
電車で1つ席が空いたときは、譲り合って遠慮しすぎずに座って、隣が空くのをしたたかに待ちましょう。でも、席が空いた瞬間に彼が滑り込んできたら、これはできませんね。速攻で座る男子でどうなの?とか思っちゃいますが。

4.寄りかかってくる

「電車といえば、あの寄りかかってくる仕草は最高ですね!傍から見たら、カップルってかんじするじゃないですか!飲んだあと2人で帰ってる時に隣の女子がうつらうつらし始めると、心の中で「寄りかかってこい!こい!」と叫んでます。」(20歳/学生)

王道ともいえる、寄りかかりは不動の人気仕草のようです。女子が寄りかかってくる=俺のこと好きなのかもしれない、という想像が頭を駆け巡り、ドキドキしてしまうとのこと。
爆睡してしまうといびき等、様々な危険が考えられるので、爆睡しすぎず、狸寝入りで寄りかかってしまいましょう!

おわりに

登校・下校のほかにもデートで電車移動する人は多いと思います。まだ好意があるのかわからない相手にわざとらしく思わせぶりな態度をすると「勘違い女」の烙印を押されかねません。さりげなく相手の好意を引き出すために、自然な仕草を心がけておきましょう。

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事