優しい男性=紳士度高め?!デートで簡単「紳士度チェック法」・5つ


「紳士的」。この言葉はなんだか古臭くてちょっと恥ずかしいかもしれませんが、気が利く男性、彼女を大切にしてくれる男性は、紳士的な振る舞いをしてくれる人が多いです。
今回はデートで簡単に分かる彼の紳士度チェック法をご紹介。当てはまれば当てはまるほど、彼はきっとあなた想いの優しい男性です!

1.歩調を合わせてくれる

「手をつないでいなくても、常にしっかり隣りを歩いてくれる彼に安心する」(22歳/学生)

まずは最低限レベルの紳士度から。
デートで外を一緒に歩いているとき、彼の歩く速さに追いつこうとしたことはありますか?「彼の歩くスピードなんて気にしたことがない」という人は、このレベルはクリアしています!彼が実はあなたに合わせてくれているのかもしれません。
ちなみに、歩調ではありませんが、車道側を常に歩いてくれる男性は、紳士度を意識しているなと実感できて嬉しいですよね。

2.重い手荷物を持ってくれる

「荷物が多い時、私の重い方のバックをサッと持ってくれた優しさに惚れ直した!」(28歳/医療系)

個人的には、普通の日は手荷物は1つなので持ってくれなくていいと思いますが、お泊りなどで荷物が増えてしまったときはさりげなく「重い方持つよ」と言ってくれると嬉しいですね。彼女に重い荷物を持たせていて気がつかない男子は、紳士度はかなり低いですので要注意。

3.レストランでは奥の席に

「ソファー席や通路と反対の席に必ず座らせてくれる。他には窓からの景色が見やすい席をゆずってくれる。本当に気が利く彼で私は幸せ者です!」(27歳/受付)

レストランは彼の紳士度がはっきり現れやすい場面です。レストランでは奥側の席のほうが、ソファー席で荷物が置きやすかったり、店全体の雰囲気が見渡せるので楽しかったりとメリットがたくさんあります。
先にソファー席にドカッと座るような男性には「気遣い」など期待しないほうがいいでしょう。

4.エスカレーターでのマナー

「上りエスカレーターでは私が先に、下りエスカレーターでは彼が先に乗る。たまに彼が間違えてエスカレーター前でアワアワしちゃう(笑)」(30歳/IT)

エスカレーターでのエスコート術、完璧にこなす男性はめずらしいのではないでしょうか?特に学生からこの紳士的態度が身に付いてるのであれば、将来的にも紳士度が高く気が利く男性になることでしょう。「誰に仕込まれたの?」と聞いてみたい気もしますが。

5.お手洗いに行っている間に支払い

「毎回デートでは彼がご飯代を払ってくれる。しかも私が知らない間に会計が終わっていることが多い。デキル彼で嬉しい!」(25歳/エンジニア)

おごってくれない男子がいるかと思えば、さりげなくおごってくれている男子もいます。レストランでの振る舞いに関してはピンキリですね。もし、あなたの彼がおごったことを見せつけず、支払いを済ましてくれているのであれば、それは貴重人材!紳士度満点レベルの彼に心からありがとうを伝えましょう。

おわりに

この5つの項目を見て「当たり前かと思ってたけど、彼は優しい人だったんだな」と再認識している人、「こんな男子がこの世にいたの?!」と驚いている人、様々な感想を持つ人がいるかと思います。
私の彼イマイチだな、と落ち込まず、ぜひ気が利く紳士に育成してあげてください!
 
(松宮詩織/ハウコレ)