2014.04.11

マンネリ打破!「リフレッシュエッチ」のすすめ・4つ


大人になってくるとマンネリ打破のため、寝室ではあの手この手で日常から離れる工夫をします。しかし、「まだ若いし大丈夫~♪」と思っている20代の皆さんでも、1年以上付き合っている方なんかは、そろそろマンネリエッチ気分の方が出てきているはず。そんな時は是非、いつもと違う方法でチャレンジしてみてください。今日は、いつもとガラッと気分を変える「リフレッシュセックス」のポイントを紹介します。

1.香りでセクシーな雰囲気作り

アロマの香りでリラックス&エロチックムードを盛り上げるのは王道です。アロマポットやデフューザーまで準備しなくとも、コットンやハンカチに一滴たらして枕元に置くだけでいつもと違う気分になりますのでお試しください。私も、セクシー気分を高めるアロマを知るためにアロマ検定1級を取ったほどです!中でも、イランイラン、パチェリー、サンダルウッドはおすすめのアロマです。

2.照明は身体のパーツの影ができるように

映画のベッドシーンで、うっとりするほどきれいなボディを見る事がありますね。どうしてあんなに色っぽいのか?照明は裏技的に使えます。ラブホテルなどにあるほんのりピンクの照明は女性の肌をきれいに見せます。色付きライトでなくても、少し暗くして乳房や、鎖骨の影ができるくらいのライティングを意識すると、つやっぽいボディラインが浮き上がります。「真っ暗にして」と恥ずかしがるのは最初のうちだけにしておいて、照明でエロチックボディを演出してみてください。

3.エッチする場所をベッド限定にしない

エッチはベッドの上だけでするものではありません。ソファに横になって、椅子に座りながら、テーブルに手をついて……など。「俺んち来る?」という調子で30回くらい彼部屋の彼ベッドでエッチしたらそろそろ飽きてもしかたがありません。彼がシャワーをあびているときにいきなり後ろからおそってもよし。カーテンにくるまれながらスタンディングで挑戦してもよし。場所の選定のバリエーションを増やしていゆきましょう。

4.イレギュラー性 

ここでは絶対しないだろうというようなシチュエーションで「さわってほしい」「寒いからあっためて」という甘い言葉を吐くのもあり。「ええ?ここで?」という意外性を狙うのです。実際に「ここ」でしかけて燃えたという経験場所をお伝えします。

*誰もいない体育館の運動用具倉庫「絶対誰も来ない時間帯だからキスしながら下半身を触っていたら、彼がその気になって、つい。」(25歳:Yさん)

ほかにも公園、親が留守中のリビング、などドラマ仕立ての場所でためしてドキドキした意見もありました。

おわりに

マンネリ打破して、新しいエッチスタイルを見いだす。そんなカップルにはセックスレスの心配はありません。「馴れ合いにならないこと」「飽きない工夫を怠らない事」これって言葉ではわかっていても実行はなかなかむずかしいことですね。付き合い始めからマンネリ打破は意識してください。

参考:『飽きないセックス』
        
二松まゆみ/ハウコレ

関連記事