2014.04.12

男性が女性にナメられないか心配なこと


男性はプライドが高いため、女性にナメられないか常々怯えています。自分が傷つかないように、日々警戒を怠りません。基本的に女々しいので、男性は女性に一度言われた事をいつまでも引きずって気にしてしまうのです。狙っている男性のプライドをうっかり傷つけてしまったら恋のチャンスを逃してしまうので、気を付けたいところです。

今回は、男性がナメられないか心配なことをご紹介したいと思います。モテたい女性は必見です。

1.経済力がない

「自分よりお金持ってる女の子にはびびっちゃうね。あと自分より稼いでる男の人と付き合ってたことあったりすると、この子を喜ばせられないんじゃないかって思うね」(27歳/銀行) 

男性は、自分に経済力がないと思われることを心配しています。本当ならば全額おごりたいし、いいお店に連れて行ってあげたいけどそれができない。もっとお金持ちの男と付き合ったことがあるならば自分は相手を満足させてあげられないと思ってしまいます。男性の前でセレブ体験を話すとモテを逃がします。喜ばせるのにお金がかかると思われたらチャンスは逃げて行きますよ。

2.ファッションセンス

「おれ洋服のこととかわかんないし、私服とか本当に着ないからお金もかけてないしダサいんだよね。ファッションセンスがないと思われるのはキツいね。なるべく定番のダサさがばれない洋服を買うようにしてる」(25歳/メーカー)

男性は女性ほどファッションの選択肢がありません。洋服も女性より高いです。ですが、ファッションセンスを良く見せるには相当なお金と労力をかけなければいけません。自分がその努力を怠っている事を男性は自覚しています。しかし同時に、女性からダサいと思われてしまうことを恐れています。下手に男性のファッションを指摘するのはやめておきましょう。

3.彼女サービスできているか

「友達の女の子とかに今まで彼女サービスどんなのしてきたか聞かれるとセンスが見られるから怖いね。恋愛経験について自分が上級かどうかはなめられたくないもん」(26歳/保険)

男性は、恋愛経験がない、モテてない人生だと思われないように見栄を張ります。男性にとって「今までどんなサプライズしたことある?」なんて質問は、不評を買ってしまったら、今までの自分を否定されてしまうので怯えながら答えます。「そんなの嬉しくないよ」「え〜それは変だよ」など、男性の過去の恋愛に対してマイナスな評価をしないように気をつけましょう。

4.頭の善し悪し

「頭が悪いと思われたくない。頭を使うゲームとかで絶対に女の子には負けたくない。テレビのクイズとかでも自分がわかんないで彼女がわかったりしたら真面目に取り組んでないフリするもん」(29歳/放送)

男性は頭が悪いと思われたくありません。トランプの神経衰弱や七並べなどは戦術が鍵なので頭の善し悪しが関係します。それで負けてしまうと劣っていると思われてしまうんじゃないかと不安になるのです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
 
男性は、プライドを守るために色々な防衛策を用意しています。モテる女性は、男性をなめたりせずに立てて褒めます。気分をあげてリラックスできる相手になることがモテの秘訣ですよ!

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事