2014.04.30

男子が困惑する「女子のぶっちゃけトーク」5選


世の中、なんでも「ぶっちゃけたらいい」という風潮が強くなっている気がします。しかし、「親しき仲にも礼儀あり」で、ぶっちゃけられても困ると男子が感じていることも、たくさんあります。
今回は、男子がうまく答えられない「女子のぶっちゃけトーク」について見ていきたいと思います。

1.不倫したことがある

「不倫したことがあると言われても、返事にすごく困るんですよね。ぼくの不倫のイメージは、相手が気持ち悪いオッサンだったり、お金が絡んでたり、なんかそういうエグイ感じがあるので」(24歳/大学生)

「不倫という行為は世の中にはない。あるのは男と女が愛し合っているという現象だけである」と、有名な作家先生が言っていましたが(で、わからなくもありませんが)、不倫ねえ……。言わないほうが得策でしょう。男子は女子に「夢」を求める生き物です。できるだけピュアな存在でいてほしい、と心のどこかでは思っているのでしょう。

2.終電が11時半だ

「合コンが盛り上がってきた11時半前に、終電の時間をぶっちゃける女子がいますが、これがめちゃ困ります。場の雰囲気が盛り下がってくるだけでなく、ひとりの女子が終電と言えば、あたしもあたしも的に、ほぼ全員が帰る支度を始めるんです。絶対にありえないから!」(25歳/広告)

男子によっては「一世一代の大勝負」的な意気込みで合コンに参加しているでしょうから、女子の終電発言は、すごく困ると思われます。まぁでも、帰りたいときもありますよね。男子のプライドを傷つけない帰り方や気の遣い方を心掛けましょう。

3.共通の友だちの◯◯君に告白された

「共通の友だちに告られたことを、ぼくにぶっちゃけられても、すごく困るんです。オレも君ことが好きだよとは、ちょっと空気を読むと言えないですし、告られた◯◯君とつきあって幸せになりなよと言えるほど、ぼくはオトナではない!」(23歳/大学生)

これはこの証言のとおりでしょうね。男って、こういうぶっちゃけトークをされたら、やせ我慢をするしかない訳ですが、我慢にも限界があるということです。また、一般的に男子は自分の友達をとても大切にしています。「友達の好きな人には手を出さない」なんていうルールを持っている男子も少なくないですから、ちょっと注意です。

4.三姉妹の末っ子だから、あたしは甘えん坊なの!

「この前、合コンに行ったら『三姉妹の末っ子だから、あたしは甘えん坊なの!』と言っている女子がいましたが、あれはなんでしょうかね? なにを期待しているのでしょう?」(27歳・建築)

この「三姉妹の末っ子だから、あたしは甘えん坊なの!」という女子の会話をうまく拾って会話を膨らますことができる男子は、わりとトークの腕がいいか、女慣れしていると思われます。
ふつうに聞くと、この証言のように「なにを期待してるの?」となってしまいます。甘えん坊なことは口に出してアピールするのではなく、行動で徐々にアピールするのが得策かもしれません。

5.母親が離婚して、来月、再婚するの!

「女子に『母親が離婚して、来月、再婚するの!』ってぶっちゃけられました。普通の友だちの女子です。まあ、ちゃんと話を聞きましたが、でも、君、それ、ぶっちゃけられても困るから」(29歳/会社役員)

家庭ごとに事情ってちがうので、母親がまだ現役で恋をしているというのが、理解できない男子もいれば、そうでない男子もいるということです。家庭の複雑な事情は、よっぽどなことがなければ言わない方がいいと思われます。

おわりに

いかがでしたか?
ご紹介した5つの「ぶっちゃけトーク」を言わなかったとしたらどうなのか? 割とおしとやかな感じの女子、という印象になるのかもしれませんが、そういう女子に惹かれる男子は多くいます。何度も言っていますが、男子は「ロマン」を求める生き物なので…ぶっちゃけトークをするなら、笑える小ネタ系か、よっぽど仲良くなってからだったら、この記事を参考にしつついろいろぶっちゃけるなど、TPOを踏まえて彼との距離を縮めてみてはいかがでしょうか。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事