2014.05.03

男子の「最高のセックス」の思い出に見る!グっとくるシチュエーション・5つ


セックスのハウツーは、情報としてグーグル先生が教えてくれますが、男子の記憶のなかで輝き続ける「オレの最高の女との最高のセックス」という少々情緒的なことは、ググってもあまり情報としてあがってきません。こうした男子の情緒を5パターンにデータベース化してみると、男子がグっとくるシチュエーションとはなんなのか明らかに。さっそくご紹介しましょう。

1.男子は「初めて」に弱い!

「いま振り返ってみると、高校生のとき、放課後の教室でカーテンに隠れてヤったエッチが一番輝かしい記憶です。エッチを初めて知った喜びと、初恋の女子が受け入れてくれた晴れがましさは、生涯、ぼくの記憶のなかで輝き続けるでしょう」(29歳・会社役員)

よくモテるセリフとして「こんなの初めて~!」というのがありますが、エッチの場面においても男子は「初めて」が好きです。初めてのエッチ、初恋の人・・・のように。最近マンネリ化してきた!という方は、彼と新しく何か初めての経験をしてみてはいかがでしょう。

2.男の憧れの象徴「男子向けAV」的なエッチが男はうれしい!

「女友だちと宅飲みをしているうちに、なぜか3Pをすることになったことがあります。AVみたいにふたりで一緒にぼくのを舐めてくれたり、挿入しながら、もうひとりの女子のアソコを舐めたり夢のような時間でした」(24歳・フリーター)

友だちが多いと、こういうラッキーもあるのかもしれませんね。女子のみなさんも「ヤリマン」と思われないように、うまく男子に水を向けてみると、男2、女1の楽しい3P体験ができるかもしれません。

3.「まさかこの女子は脱がないだろう」と男子に思わせる!

「おしとやかな女子が、ふたつ返事でエッチさせてくれた経験は、今でもうれしくよく覚えています」(23歳・大学生)

男子って、どこまでいっても「ギャップ」に弱いので、「絶対こいつ脱がないだろうな」という女子が脱いでくれて、あろうことかヤラせてくれた! というのは、非常にうれしいのです。

4.女子から口説かれてエッチ・・・というパターンは最高!

「女子から口説かれてエッチしたという19歳のときの記憶が最高ですね。それ以来、ぼくが熱心に口説かないとヤラせてくれないというパターンばかりなので、19のときの記憶は強烈です」(22歳・大学生)

これは、こんなふうに感じている男子が多いと思われます。男子=口説く側。女子=口説かれる側。こういうのが一般的ですから、その逆パターンは、男子はいつまでも覚えているのでしょう。

5.「努力は報われる」と女子が思わせると、男子にとって最高のセックスに!

「ちょっと無理めの、お高そうな美人に土下座をしたらヤラせてくれた20歳の春」(22歳・カメラマン見習い)

努力は報われるという経験って、誰でも最高の記憶として輝いているのではないかと思います。つまり普通に暮らしていると、努力は「さほど報われない」ものだということでしょう。

おわりに

いかがでしたか?
今、大好きな彼がいる女子のみなさんは、これらエピソードから分かる「初めて」、「AV的」、「ギャップ」、「女子から」、そして「努力は報われる」というのをキーに、彼にとって「最高の思い出として残るエッチ」を模索してみてはいかがでしょうか。それが実現すれば、同時に彼にとって「最高の思い出として残る女」にもなるはずですよ。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事