2014.05.03

肉食女子は要注意!「男慣れしている」と思われる女性の特徴・4選


男性は女性と接するとき、どれくらい男慣れしている女性かどうか測っています。これぐらい言っても大丈夫だなとか、返しが上手いなとデータをとっています。「男慣れし過ぎている」と思われると、「俺には無理そう」や「遊んでそう」などにもつながり、本命からは外れてしまいます。
今回は、男慣れしていると思われる女性の特徴をご紹介したいと思います。

1.初対面であだ名

「最初からあだ名で呼んでくる女は男慣れしてると思う。あだ名をつければ距離が近くなるってことを分かってるんでしょ?騙されないようにしないと」(27歳/銀行) 

あだ名で呼び合うと距離は一気に近づきます。そのため恋愛の場面において二人だけのあだ名は効果的ですが、初対面からいきなり飛ばし過ぎるとろくな事がありません。男慣れしていないとできない芸当なので、ちょっと仲良くなってから呼び名を変更しましょう。

2.お世辞のオンパレード

「お世辞が上手過ぎる子はちょっと身構えちゃう。一緒にいると気持ちよくしてくれるんだけど、彼女にするのは難しい。本音が見えないし、どうせ他の男にもそうしてるんだろうなって感じ」(25歳/メーカー)

男性はプライドが高く、褒められるのが好きなので、いかに上手にくすぐるかがモテのポイントとなります。しかし、お世辞が上手すぎると「男は褒めればイケる」という意識のただの太鼓持ちだと思われ、恋愛対象には見られなくなります。ここぞという時にこっそりと、男性が自信をもっている部分をピンポイントで褒めるのが効果的です。

3.バーでの振る舞い

「いいお店につれていったり、しゃれたバーとかでもビビらない女は相手にしたくない。経験値があり過ぎる子は喜ばせにくいからね」(26歳/保険)

男性は自分の用意したデートコースに対して女性がどういうリアクションをするか見ています。攻めたバーなどでも平然と涼しい表情でいると、慣れているんだと思ってしまいます。「ここ来たことあるわ~」と思っても、「こんなところ初めて!」「おしゃれなところ知ってるんだね」とピュアぶるのが正解です。

4.ボディタッチの上手さ

「ボディタッチが上手い女は危険。身につけたテクニックだと思う。されてる時は嬉しいけど、どうせ他の男にもって思っちゃう。本命にはしないよね」(26歳/放送)

ボディタッチの上手い女性はモテます。しかし、男慣れしていてチャラい印象を与えます。相手との関係性を考えて行わなければいけません。特別に自分だけされていると男性に思わせられれば勝ちです。立ち上がる時やよろけたときなど、触る理由をつけることがポイントです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
男性は男慣れしている女性を相手にするのが怖いのです。自分より上手な女性の手のひらの上で踊らされることは、プライドがゆるしません。ピュアで男性経験の少ない女性を求めるのはそのためです。経験豊富、百戦錬磨であってもひた隠しにするのがモテヘの道ですよ! 

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事