2014.05.04

レベル高め?体育会系男子を落とすコツ・4選


いつの時代も人気の高い「体育会系男子」。小学生、もしくは幼稚園の頃からモテてきた彼らはプライドが高く、落とすのは難しいと思われがちです。スポーツができて爽やかな男子、かっこいいですもんね・・・。しかし、今回はそんな彼らを落とす極意を聞き出すべく、体育会系男子たちにインタビュー調査を行いました!ぜひ参考にしてみてください。

1.まず見た目を磨こう

「とりあえず可愛い子じゃなきゃ恋愛対象に入らない。」(19歳/学生)
「見た目がいいのは恋愛の大前提です。」(20歳/学生)

とにかく多かったのがこの意見。コツでもなんでもないのですが、あまりにも多かったので一番最初に言及させていただきました。やはりモテる体育会系男子、見た目には厳しいようです。スキンケアや美容室に行く、雑誌やサイト(ぜひハウコレで!)でファッションやメイクの研究をするなど、まずは見た目により気を遣ってみましょう。容姿にどうしても自信が持てなくても、メイクを変えたり、「雰囲気美人」を目指すことで、体育会系男子を意識させることは可能です!

2.「従順アピール」をする

「素直な子が好き。部活で忙しいし、そういうときに会えるまで待っててくれる子だと可愛いな、って思う。」(21歳/学生)

彼が忙しいから、会ってくれないから、と不満をぶつけてはいけません。体育会系男子にとって部活はとても大切なものであり、真剣に取り組んでいるものです。そのことにはきちんと理解を示してあげましょう。そして、会えない時間は自分磨きに使ってみてはいかがでしょうか。自分の部活に一生懸命な彼は、自分のことに一生懸命になっているあなたを見て、「この子とは価値観が合うかも」と思ってくれるかもしれません。

3.たくさん褒めてあげる

「褒めてくれる女子が好き。(笑) 褒めてくれるとがんばろうって思える。」(22歳/メーカー)

体育会系男子はプライドが高い、と最初に書きましたが、王道のモテテク「褒めること」でそのプライドをさらにくすぐっちゃいましょう。どんな男子も褒められることは大好きですが、特に体育会系男子は褒められることに慣れている場合も考えられるため、周りには褒められてなさそうなところを狙うことがポイントです。ですがこれを見つけるのはなかなか難しいので、とにかくいろんなところを褒めて、反応が良かったものを積極的にプッシュしていくといいでしょう。

4.たまにつれない態度をとる

「ちょっと定番だけど、俺のこと好きなのかな?と思ってた女子がいきなりつれない態度になるとすごい追いかけたくなる。」(20歳/学生)

体育会系男子は、「狩猟型」つまり恋愛では追いかけていたい男子が多いようです。そのためこちらから好き好きアピールをするのもいいのですが、たまにはこうやってつれない態度をとり、彼の「追いかけたい心」を刺激してみましょう。つれない態度をとるというのは、好きな人に対しては少し難しいかもしれませんが、これも自分のことに集中できるチャンスです。

おわりに

いかがでしたか。人気があって彼女になるのは難しそう、と思われる体育会系男子も、上記のことを意識してみたらすんなり手に入ってしまうかもしれません。試してみる価値アリです!

(金城凛子/ハウコレ)

関連記事