2014.05.03

恋を呼び込む!自分に似合うヘアスタイルの見つけ方・4選

春は、新しいことを始めるのにぴったりな季節ですよね。ヘアスタイルを変えることは、手軽に違う自分にチャレンジできます!今よりももっと素敵な自分に出会えるかもしれません。今回は、ヘアスタイルに詳しい美容師さんにインタビューを行い、自分に似合うヘアスタイルの見つけ方のコツを伺ってきました。

1.自分の顔の形を把握する

「顔の形は人それぞれです。丸、ベース、逆三角形など、まずは自分の顔の形を、写真を撮ってみるなどして把握することが大切です。それぞれ、似合う髪型が違います。」(23歳/アシスタント)

これは一般的にもよく耳にすることですよね。顔の形は、丸型、卵型、四角型、ベース型、逆三角形型の5つに大きく分類されるそうです。丸型はトップにボリュームが出る髪型にする、逆三角形型は重心を下に置くようにするなど、それぞれ気を付けなければならないポイントがあるようですので、詳しくは美容室へ行って聞いてみてください。ネットでもある程度調べられるようです。

2.似ていると言われる芸能人の髪型を参考にする

「意外と有効なのは、周りから『似てる』と言われる芸能人の髪型を参考にすることです。芸能人の方は自分の魅力をしっかりわかって最大限にアピールしている方が多いので、非常に参考になると思います。」(25歳/スタイリスト)

なるほど!たしかに、「似ている」と言われる芸能人や有名人、またはキャラクター(?)の髪型はとても参考になると思います。特に芸能人の方は、回答者の方がおっしゃるように自分の魅力をちゃんとわかっていますし、またヘアメイクさんにヘアスタイルをお任せしていることも多いことから、プロの技術やトレンドもしっかり取り込まれていると思われます。もし誰にも似ていると言われたことがなければ、周りの友達や家族に「誰に似てる?」と聞いてみるのも良いでしょう。

3.雑誌などで好きな髪型を見つけたら、切り取って自分の写真に合わせてみる

「似合う似合わない以前に、自分の好きなヘアスタイルができているかどうか、というのもとても大切なことです。もし雑誌やヘアカタログで『いいな、真似してみたいな』と思うヘアスタイルがあれば、それを切って自分の写真に合わせてみてはいかがでしょうか。」(26歳/スタイリスト)

自分が好きなヘアスタイルをする。大切なことですよね。自分がいいな、と思うヘアスタイルであれば、毎日楽しく過ごせそうです。しかし、それが必ずしも自分に似合うとは限りません。思い切ってその髪型にしてみる前に、このように是非一度シミュレーションをしてみてくだい。

4.髪型シュミレーションサイトやアプリを使う

「今のアプリはすごい!結構精度の高いヘアスタイルシミュレーションができるものもあるので、おすすめします。」(21歳/アシスタント)

サロンモデルの髪型の写真を、自分の顔写真に合成できるサイトやアプリ。無料なものから有料なものまで、多種多様にあるようです。サイト上、アプリ上であればお手軽にシミュレーションができますし、思い切って髪を切って失敗してしまった!なんて可能性もぐっと低くなります。使わない手はありませんね。

おわりに

いかがでしたか。今まで髪型を変えたことない・・・という方も、シミュレーションだけなら楽しく挑戦できそうですよね。この春、気分を一新するためにもヘアスタイルを変えてみてはいかがでしょうか。髪を切ることやカラーリングだけではなく、パーマやちょっとしたアレンジでもかなり印象は変わりますよ!

(金城凜子/ハウコレ)

関連記事