2014.05.08

ツメが甘い!付き合うチャンスを逃がさないアピール法・4つ


突然ですが、「えっ私とあんなにうまくいってたのに、その人と付き合うわけ!?」ってこと、今までありませんでしたか?狙っている彼とすごくいい雰囲気だったのに、友人づてに彼の彼女出来ました報告を聞いてショックを受けているあなた!その原因ってあなたの「ツメの甘さ」なんです。そのまま恋に恋している自分が好きなだけだと、またみじめな思いをしてしまうかも!
と言うわけで今回はツメが甘い女性のための、「付き合うチャンスを逃さないアピール法」を調査いたしました。今いい感じの人がいるの…、または、あんな思い二度としたくない!という方は必見です!

1.彼との会話に手を抜かない

「もういけるかな~ってくらい順調な男の子ってなんだか一緒にいるだけで心地がいいから会話が少なくなる。『無言でも気まずくない関係』てなんかいいじゃん?そうなったって思ってたんだけど、なんだかちがったみたい。」(25才/女性/医療)

これはちょっと切ない!女性にとっては居心地がいいと感じていたのかもしれませんが、彼は会話が少なくて気まずいな…と思っていたのかも?今狙っている彼と良い感じになっているひとはちょっと気を付けたいところ!居心地がいい・お互い分かり合っている…と思っているのはあなただけかもしれません。

2.勝気にならない

「あ~こいつ落ちたなって顔されてると冷めてくる。なんかうぜぇなって思っちゃうんだ。」(28才/男性/美容師)

男性はプライドが高いですから、余裕をかもし出していると気に障ってしまいます。「コイツ落ちたな」そう思っていても、彼の前では可愛らしい態度をとる小悪魔ちゃんを目指しましょう。

3.自分のレベルを下げない

「もうここまで来たら大丈夫っしょって思ったから、服装もメイクもそれなりな感じにしたら、彼が遠ざかってったよ。手を抜いたつもりはなかったんだけど・・・」(23才/女性/営業)

これはなんだか、2.勝気にならない に共通するところがありますね。手を抜いているとは思っていなくても、男性はささいなことで「あれ、この人俺との恋愛にやる気ないのかな・・?」なんて思っているかもしれません。付き合って本当に彼を捕まえるまでは、毎回のデートで服装・メイク・ボディケア等、しっかり気合を入れねばなりません!

4.次に繋げたいことが伝わるシチュエーションをつくる

「集団で会うことはあっても、二人で会うことは最後までなかったな~。よく考えたらあれがダメだったんだと思う。タイミングとかって、自分から作らないと待ってても来なかったりするもんね。」(26才/女性/福祉)

男性っていくら「この子、いけそうかも?」と思っていても、決定的なことがなければ中々踏み切れません。そんなこと気にせず自分を奪いに来てくれる王子様がいいの!なんて言っていると、彼はもっとガードがゆるくていい感じの女の子とさっさと付き合ってしまうかもしれませんよ。少しだけ、彼に気持ちが伝わるようなアクションを起こしましょう!

終わりに

いかがでしたか?
最後の最後、ツメが甘くて発展しなかったなんて虚しすぎますよね。ぜひ少しだけ小悪魔になって彼をGETしちゃってくださいね!

(平井エリカ/ハウコレ)

関連記事