2014.05.11

これでオチる!?男性が女性に言われてグッとくる言葉・6選


気になるカレとおしゃべりするとき、なるべく楽しく会話したいけど男の子ってどんなこと言ったら喜ぶのかわからない……そんな経験、ありませんか?
今回は男の子が言われて嬉しい言葉をご紹介します。場面に合わせて上手に使って、気になるカレとの恋を進展させてみて♪

1.「やっぱり○○クンは頼りになるね」

男の子は女の子に頼られると嬉しいもの。普段なかなか言われる機会がないだけに、口に出して伝えられると、嬉しいしまたやってあげようって気持ちになります。
スーパーで買い物をして重い荷物を持ってもらうとか、切れた電球を替えてもらうとか、そういう日常の些細なところで「コレ、私できなかったんだ」「ありがとう、重かったんだ~」と一緒に「やっぱり○○クンは男の子だね、頼りになるな」と伝えてあげて。

2.「おいしい!」

お出かけデートや自宅デートを問わず、恋愛に付き物なのが食事。好きな相手と、食事を一緒に楽しめるのって素敵ですよね。
そんな食事中の空気を良くするキーワードはなんといっても「おいしい」。テレビのグルメ番組や旅行番組で、「おいしい」の言い方はたくさん仕入れておいて損はなし!
おいしい!と思ったら、食レポ感覚で使ってみて。ちょっと大げさだったり失敗しちゃっても、それはそれで笑いや話題のネタになるかも?

3.「また来たいね」

どこか出かけたときに、「また来たいね」って言われたら、「今日は楽しかった」「一緒に来れて嬉しかった」って気持ちが伝わるし、「また」っていうのが、一緒にいる未来を想像できて嬉しいもの。そう言われたらカレも「また連れてきてあげよう」って気持ちになりますよね。帰るときの言葉も、「じゃあね」「バイバイ」より「またね」を心がけてみて。

4.「知らなかった!すごいね」

「男性はうんちくが好き」なんてよく言うけど、自分の得意なジャンルや専門知識を褒められたら嬉しいもの。自分の話を聞いて、「知らなかった!○○クンてすごいね」なんて言われたらカレも自己顕示欲がくすぐられてすごく喜ぶはず。
ちょっと使い古された感のある「こんなの初めて」の変化版みたいに使える、似たような場面で大活躍のキーワードです。

5.「夢に見た」「思い出した」

気になる相手が、自分のことを気にしてくれてるってわかったら嬉しいもの。
雑談で「昨日、夢に○○クンが出てきてさ~」「この間、料理してるときにふと○○クンのこと思い出して~」なんて話題は、「オレのこと気にしてくれてるのかな?」って思えるし、「一緒にいない時でも思い出してる」ってアピールになるので、上手に使ってみて。

6.「好き」を散りばめてみる

好きなカレに自分から告白したり、直接「好き」って言うのは難しいときは、さりげなく会話の中に「好き」ってワードを散りばめてみて。「私の『好き』な○○ってバンドが~」「この間ドラマで使われてた『愛してる』って曲がすごく良くて…」などなど、会話の単語選びにこっそり気持ちを忍びこませてみては? こういうプラスの感情の言葉は、使うとその場の雰囲気も良くなりますよ。

おわりに

人は誰でも、褒められるのは嬉しいもの。特に男の子はプライドを満たしてくれたり、「自分だけ」って特別扱いされるのが大好きなので、自信や成長に繋がることも。
人を褒めることができるっていうのは、良いところ見つけるのが上手ってこと。相手を喜ばせられる褒め言葉を上手に使えると、恋愛はもちろん、コミュニケーションにとっても便利です。
人とのコミュニケーションを円滑に、好きなカレをより素敵に磨けちゃう「褒め言葉」を、自然に使える魅力的な女性になってくださいね♪

(吉井奈々/ハウコレ)

関連記事