2014.05.17

シーズン到来!本命の女になる「モテる露出テクニック」・5つ


すっかり暖かくなって夏の到来すら感じる今日この頃。オシャレに敏感な女子たちにとっては露出が増えて女子力うなぎ登りとなるシーズンです。今回は、ビッチ感&いやらしさを出さずに「本命の女」として意識させる「正しい露出の仕方2014」をお伝えします。

1.まずは基本。手首足首見せでスッキリ露出

まずは基本から。細い手首や足首は美しい女性を演出するのに大切なポイントです。
「え?あたし、全然手首も足首も細くないんだけど...」というぽっちゃりさんも大丈夫!
手首足首は二の腕や太ももなど身体の他の部位よりは必ず細いので、痩せて見える効果もあります。
ジャンジャン見せてモテていきましょう。

2.うなじ見せでセクシー露出

これから花火大会やお祭りなど浴衣を着るシーズンが到来します。
その際、見せるべきはうなじ。うなじは女性の重要なセクシーポイントです。
浴衣を粋に着こなすには「隙」があることが重要。
うなじ部分が見えるように着こなせばセクシーさは倍増します。
浴衣以外でもルーズめなトップスを着る時やヘアをアップにする時にはうなじを露出して男性からの視線を独り占めしましょう。

3.へそだしで注目度UP!

へそって普段出てないものだから女の子がへそだししてると、男としては「良い」とか「悪い」とか「好き」とか「嫌い」とかを超えてとにかく見てしまうもの。注目度を飛躍的に上げる強烈な露出方法なんです。
しかし、一言でへそだしと言っても、ただ闇雲にへそを出せばイイってもんじゃない。
今のトレンドはバスト下ギリギリから腰骨までお腹部分を全開丸出しするのではなく、ウエストラインの一番細い部分だけを見せるのが一番イケてる♪上はろっ骨が隠れるくらい、下はちょうど腰骨が隠れるくらい。セットアップのハイウエストなペンシルスカートとかを履いて抑え目露出でモテちゃいましょう。

4.鎖骨見せで大人セクシー

「露出=谷間」とお考えの方も多いですが、いい女が見せるべきはむしろ谷間よりも鎖骨。谷間はエロであり、鎖骨はセクシー。
露出方法はカンタン。VネックやYシャツで首元にVラインを作り、鎖骨をチラ見させる。ここでVラインを深くし過ぎて谷間までは見せないように。やたらにはだけて谷間を惜しげもなくバンバン見せるのは昭和のバブルコーデ。2014年を生きるいい女の露出は、続きが気になる「to be continuedコーデ」に☆

5.下を隠して上見せて、上を隠して下見せて

上をベアトップにして肩や鎖骨を大胆に見せて露出したらもちろんセクシー度アップ!でもこの時に下もミニスカにしたら娼婦になっちゃう。上をガッツリ見せたら下はルーズなデニムやタイトな膝丈スカートを履いて隠して。これぞいい女の露出の仕方。
逆もまた然り。下がミニスカなら上は抑えて。上下で露出のバランスを取る。これぞいい女の上級露出コーデ☆

おわりに

いかがでしたか?露出方法も時代とともに変わっています。今ドキ露出で「本命の女」となり、男性のハートを鷲掴みにして下さいね☆

(中村康介/ハウコレ)

関連記事