2014.05.22

実家デート必勝法!カレの家族と打ち解けるコツ・6選


実家住まいのカレと付き合ってると、カレの家に遊びに行ったりする機会もありますよね。だけど実家デートでカレの家族に会うのって緊張するもの。仲良くできればいいけど、もし気に入ってもらえなかったら、今後のカレとの付き合いも気まずくなっちゃうかも…。
今回はそんな実家デートで、カレの家族に好印象を与えるコツをご紹介します。
家族と仲良くしてくれる恋人はカレにとっても嬉しいもの。家族と仲良くなれれば、カレとの関係もさらに一歩深まるかも?

1.彼氏の昔話を聞く

いくつになっても親は子供のことがかわいいもの。興味深そうに「○○クンてどんな子供だったんですか?」なんて聞いたら喜んで話してくれるハズ。
まだ知らないカレのエピソードをいろいろ聞けちゃうかも。元カノとか、あまり聞きたくない話が飛び出てきちゃう可能性もあるので、ここ数年のコトよりも小さかった頃の話題の方がベター。

2.母親4父親3彼氏2兄弟姉妹1の割合で

実家で家族もいるのに、カレと二人でばっかり話してたら逆に不自然。むしろ、せっかく実家にお邪魔してるんなら積極的に話すべきはカレよりご家族。
お母さんをメインに、ご両親とたくさんお話しして距離を縮めてみて。カレの兄弟や姉妹とは、年齢が近いし話しやすくもあるけど、家庭によっては距離感が難しい場合も。特に同性の場合は注意が必要なので、まずはお母さん、お父さんから。

3.なるべくリビングにいる

最初にちょっと挨拶した後は、カレの部屋に閉じこもったまま、帰るときまで出てこない…そんな調子じゃ、何度も実家デートをしたところでカレの家族との距離は全く縮まりません。下手したら家族とは打ち解ける気はないんだなって思われちゃうかも。
家族の集まるリビングで、テレビを見たり話をしたりして、コミュニケーションをとってみて。

4.二人きりにはなれないもの

実家に行ってる時点で、カレと二人でラブラブとか、二人きりの時間はもてないものと思っておいて。カレの家族からしてみれば、イチャイチャしたいならヨソでやれって感じだし、目の前で家族にそういう雰囲気って出してほしくないもの。
カレの実家はあくまでカレのご両親の家であって、カレの家じゃありません。ちょっと甘えたいなとかくっつきたいとか思っても、家の中では我慢して。

5.目指せ女子アナ

カレや家族との会話で注意しておきたいのが、「サポート役に徹する」こと。バラエティ番組でメインMCのアシスタントを担当してる女子アナさんをイメージしてみて。
話題を振ったり相槌を打ったりして会話を広げることはするけど、話にオチをつけたり自分から話の主役になろうとはしないでしょ。
カレの家族との会話では、「話が面白い」よりも「一緒に話しやすい」聞き上手な方が重宝されるもの。あくまでアタッカーじゃなくてトス役に徹してあげて。

6.ダイエットは禁句

女性の永遠のテーマとも言えるダイエット。だけど、それをカレのお母さんの前で口にするのはキケン。
たとえば自分より10も下のまだ小さな子が口にしたら「その歳でそんなこと…」と思いませんか?カレのお母さんにとっては同じこと。たとえアナタにとって重要な問題だとしても、世代が違うとなかなか共感できないことも。
ましてやダイエットを理由に食事を断ったりするのは絶対にNG!実家デートのときにはダイエットのことは頭から消しちゃって。

おわりに

カレとの結婚を意識しててもしてなくても、どうせなら気に入られたい、魅力的な彼女だと思われたいもの。だけど「好かれよう」と一生懸命になっちゃうのは逆効果のことも。
慣れないことまで頑張ろうとしちゃって失敗しちゃったり、下心があるなんて思われちゃったら大変。
それよりむしろ気を付けたいのは「嫌われないように」すること。嫌われない程度に自分の中で気を付けて、地雷を踏まないように避けていれば大丈夫。誰でも、いきなり好かれるのは難しいけど、「嫌われない」関係をきちんと続けていければ、そのうち自然と好きになってくれますよ。

(吉井奈々/ハウコレ)

関連記事