2014.05.22

おさえておきたい!「初デートで男が求める最低限のマナー」4つ


初デートって、男女ともに気合が入りますよね。とはいえ、デート中に男子を喜ばせたいと思っていても、ついガッカリさせてしまったりすることもあるのではないでしょうか。男性が求めるマナーって女子が思ってるのとちょっと違うのかも。これさえみとけばガッカリされません。

1.遅刻しそうな時は必ず連絡を

デートの日の朝は服選びや、メイクなど女の子はなにかと忙しいですよね。それに電車が遅延したりと、遅刻をすることもあると思います。こういう時はすぐに遅れることを連絡するのがマナーです。「5分、10分だからまぁいっか!」ではなく、ちゃんと連絡しましょう。こういう細かいとこがとても大事です。万が一、朝起きたら待ち合わせ時間を過ぎてた!なんてことがあったら、まずはすぐに電話して謝りましょう。言い訳は絶対ダメです。素直に誠意を見せることがマナーです。許してくれたら「30分遅刻したから、その分長く一緒にいたいな」などアフターフォローできたら素敵です。ちゃんと連絡がとれる人、謝れる人に男性は好感を持ちます。

2.「何でもいいよ」はNG

彼からどこへ行きたいか、または何を食べたいか聞かれた時に「何でもいい」はダメです。特に草食系男子は、自分でなかなか決められないですし、出来るだけあなたの意見を尊重しようと思っています。なので、選択肢を絞ってあげるといいです。例えばパスタが食べたいなら「パスタが食べたい」と伝えるだけでは、彼がパスタのおいしいお店を知らない場合困ってしまうので、「ファミレスでもなんでもいいから、パスタが食べたいな」と伝えましょう。すると彼のプレッシャーが減ります。

3.デート中の携帯電話は使用禁止

基本的に彼と一緒にいる時は、携帯電話を頻繁に気にしたり、いじるのはダメです。退屈なのかな?って不安になってしまいます。わからないことが出てきた時に、スマホですぐ検索をするなんてのもオススメ出来ません。できるだけ使わないようにしましょう。

ただ、仕事の電話などどうしても出なきゃいけないものもありますよね?そういう時は彼に断って、席を立って電話するのがマナーです。そしてデートが終わったあとに携帯は活用しましょう。「ありがとう。楽しかったよ。」などお礼のメールを入れるのがマナーです。その日の思い出を少しでもいれると手抜き感がなくていいですね。あとは、少しでも多くお金を出してくれたら、ご馳走さまでした。と言うのもマナーです。

4.ディズニーランド気分でいよう

デートで彼に会う前に、嫌な事があったり、どうしても気分が上がらなくても、彼と会ったらディズニーランドにいる気分で笑顔で楽しむことに努めましょう。男性は一緒にいた時間が楽しかったという思い出が残ると、早くまた会いたいなって思います。そうするには、彼の話しにはちゃんとリアクションをして、常に楽しもうとする姿勢が大事です。

もちろん時には悩みを相談したり、弱みを見せることはいいですが、めんどくさいと思われないよう、基本的にはポジティブでいることが、二人で過ごす上でのマナーと言えるでしょう。

おわりに

いかがでしたか?
すごく基本的なことに思えますが、意外と出来てない人もいるのでは?ぜひ参考にしてみてください。

(AKI/ハウコレ)

関連記事